2018年03月31日

保護区鳥情報3/31

2018年3月31日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
コチドリ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト

39種

1.カモ類は減りました。スズガモはまだ200羽ほどいますが、
  他のカモは種、数ともに減っています。
2.モズの求愛給餌。雛のようにチィーチィー…となくメスに
  オスが虫を採ってきてあげていました。(丸浜川)
3.カワウの巣は1200を超えています。既に昨シーズン4月末の
  最大数を越えています。
(スタッフK)
20180330_150224_00001.jpg
干しておいたブルーシートを畳もうとしたら
シマヘビが出てきました(30日トラクター小屋)。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:22| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

4月行事案内

2018年4月の行事情報です。
特記ない限り観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

○4月5日(木)平日観察会 10時~正午
 毎月第1平日木曜開催。保護区の桜もちょうどよい塩梅に咲いて
 いることでしょう。ツバメやコチドリの姿も探してみましょう。
  DSCN7042.jpg
 湊池棚田の桜(3月30日撮影)

○4月7日(土)桜の花の観察会 10時~正午・13時半~15時半
 参加費200円(小学生以下無料)
 野鳥が種を運んで育った保護区の様々な桜を見て歩く
 花見観察会です。宴会ではないのでご注意を。

○4月8日(日)
 ・江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 雨天決行
  前日に仕掛けておいた網を回収して採れた魚や甲殻類を
  調べる水辺の生き物調査。午前に保護区へ入り、午後は
  観察舎芝生で同定・計測を行います。
  持物:飲料・筆記用具・軍手・長靴 昼食
  ※午前のみ・午後のみ参加も可

 ・定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
  参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
  保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
  (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
  どちらか片方のコースのみとなることもあります。
  日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
○4月15日(日)フィールドミュージアム「町田池」 10時~14時半頃
 参加費50円・雨天決行
 毎回テーマを変えて行う調査観察会。2011年の震災以降外来種の優先する
 町田池水系。昨年海とつながる出口部分の改修作業を行いましたが、その
 結果は出ているでしょうか? 手網で水の生き物を捕まえて生息状況を調べます。
 持物:飲料・昼食・筆記用具・軍手・長靴

○4月28日(土)第4土曜行事
 ・ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。作業内容については2,3日前に
  お問合せ下さい。例年だと水田予定地への堆肥撒き。

 ・夕暮れ観察会 16時半~18時半
  日没前後の保護区を歩く観察会。足元にはクロベンケイガニの姿も増えて
  くる頃。カエルの鳴き声も聞こえるでしょうか。

○定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
 普段は入れない保護区の中を2時間ほど観察して歩きます。上旬は様々な桜が
 楽しい時期。ツクシや足元の小花もいっぱいです。ツバメやコチドリといった
 夏鳥たち、渡り途中の鳥の姿も探してみましょう。
 DSCN7075.jpg
 巣上のカワウとヒナ。今年は遅い&少ないですが、
 ヒナの声はちょくちょく聞こえてきます。(3月30日撮影)

○ミニガイド 行事の無い土曜(4/14・21) 13時半
 観察舎周辺のミニ観察会。約30分~小一時間。

問合せ:野鳥観察舎(管理事務所) 047-397-9046
    メール(友の会) tomonokai_suzugamo@ybb.ne.jp

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 19:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

丸浜川沿いの通路で桜が見頃を迎えています。
DSCN9053.jpg
白鷺公園付近

DSCN9050.jpg
枝垂桜

DSCN9045.jpg
野鳥病院前

DSCN9061.jpg
アケビ・ミツバアケビの花がほんのり甘い香りを漂わせて
います(画像はミツバアケビ)。

丸浜川沿いは今週が見頃。緑の国は今週末辺りからちょうど
良さそうです。
DSCN9056.jpg
緑の国の桜

DSCN9059.jpg
ビューポイントの桜。この他の緑の国内の桜は他の木に
負けじと高く伸びてから枝を広げているので、観察路
を歩いているときにはなかなか気づきません。
花びらが散っている場所の上を見上げると見つかります。


保護区内の桜は来週辺りからいい感じに満開を迎えそうです。
開花時期が木によってずれているので4月半ば頃までは
どこかしら咲いている木が観察できるでしょう。

○桜の花の観察会 4月7日(土) 雨天中止
 午前の部:10時~正午 午後の部:13時半~15時半
 各回定員40名程度
 観察舎玄関前集合・当日受付・参加費200円(小学生以下無料)

 野鳥が種を運んで育った保護区の様々な桜を見て歩く
 花見観察会です。宴会ではないのでご注意を。

※平日観察会(4月5日)や定例園内観察会(3月31日・4月8日・15日)
でも桜はご覧いただけます。

posted by スタッフN at 11:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

保護区鳥情報3/25

2018年3月25日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
コチドリ
タシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ミサゴ、チュウヒ、ノスリ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.コチドリ1羽、今季初(新浄化池)。ツバメ(北池~排水機場上空)。
  ツバメは3/17が初認。
2.エナガ2羽を確認しました。3月に繁殖期に入るといわれているの
  ですが繁殖しているのでしょうか?
3.アオサギは昨年繁殖していた北池に全くいないのですが、カワウ
  コロニーに15巣はあるとのこと(3/20)。対岸からはアオサギが首
  を伸ばしていないと見つけられず、2巣しか確認できませんでした。
4.カワウの巣は先週593巣から急増して984巣。昨年と比べると増加が
  急激な感じです。昨年の今頃は700巣ほどでした。
5.バン2羽(下池)。
6.メジロはほとんど見られなくなり、ツグミも記録されませんでした。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 18:03| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

夕暮れ観察会3/24

夕暮れ観察会(3月24日)

・まだ冷たさが残る風に吹かれて春の花が咲き出した。
 ムラサキサギゴケ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザの絨毯。

・そしてサクラ。カンヒザクラ系の紅色、オオシマザクラ系の純白。
 夕暮れの光のなかで清楚に輝く。

・上池沿いにはツクシがたくさん。小島岬の砂山上ではキノコを観察。
 傘の表面の細かい襞が美しい。

・鳥は多くなかったが、エナガの小群や繁殖羽のカンムリカイツブリ
 が花を添えた。自分の体長の半分以上もありそうな枝をくわえて
 飛んでいくカワウが何羽も見られた。先の悪天候で繁殖をやり直す
 のかもしれない。

・最後は干潟の水中から突き出たヤマトオサガニの眼を観察して終了した。

★次回は4月28日、16時30分から。ほのかに香るノイバラが咲き始めて
 いるでしょう。ツバメやコウモリが空に舞います。
(担当S)

DSCN8966.jpg
ヒメオドリコソウとホトケノザの花で紫に
染まる築山斜面

DSCN8980.jpg
ヒメオドリコソウ

DSCN9026.jpg
水たまりでじっとしていたトビハゼ

本日日中は暖かく、観察路を歩くと脇のアシ原には
ガサガサと動く気配が。写真は撮れませんでしたが
クロベンケイガニが動き始めたようです。観察会で
頻繁に見られるようになるのはもう少し先でしょう。
(スタッフN)
ラベル:近況 行事情報
posted by スタッフN at 23:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

春その3

ウグイスのさえずりが増えてきました。
保護区内では長靴池でカワセミが営巣しそうかもとの事。

野鳥病院では治療室でキビタキやツバメが、
中部屋でアオバトが良く鳴くようになりました。
仮設禽舎のヒバリもそろそろやかましく賑やかに
さえずりはじめるでしょうか。


明日24日は第4土曜行事の日です。
いずれも観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

・ボランティアデー 13時~15時半頃
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。今月は6系列水路の
 掘り返しを行います。泥がたまり水の流れが悪くなっている
 のを解消させます。
 持物:(あれば)軍手・長靴 いずれも貸出用あり

・夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩きます。ツバメは18日に初認。
 コチドリもそろそろ見られる筈。足元にはツクシが、
 木々には若芽や桜の花も。

posted by スタッフN at 17:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

春その2

冷たい雨も止み、また暖かくなってきました。
保護区の内外で桜の蕾がどんどん膨らんできています。

DSCN8959.jpg
丸浜川沿いの通路でソメイヨシノが咲きだしていました。
河津桜はまだ咲いていますがだいぶ葉に覆われてきています。


DSCN8934.jpg
DSCN8936.jpg
保護区内では2番目に早い桜が見頃

DSCN8938.jpg
他にも何本か咲きだしています。
今年の保護区「桜の花の観察会」は4月7日(土)開催ですが、
この調子だと来週にはだいぶ咲いている木が増えている
ことでしょう。



DSCN8951.jpg
アケビの花ももう少しで開きだしそうです。

DSCN8939.jpg
ヒメガマも伸び始めました。

18日にはツバメが初認。コチドリもそろそろ見られるはず。
ラベル:植物 近況
posted by スタッフN at 14:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

東京ではソメイヨシノが開花したそうですが、
保護区も日に日に春めいてきています。

保護区内では2番目に早い桜も咲き出しました。

DSCN8885.jpg
ムラサキサギゴケが観察路で咲き出していました。

DSCN8887.jpg
干潟にはトビハゼの姿も。小島岬などでは
コメツキガニも出ています。

DSCN6727.jpg
アカガエルの卵塊

DSCN6763.jpg
水車に繁茂した藻類を除去(17日)

DSCN8884.jpg
本日実施の江戸前干潟研究学校(自主調査)では
ボラの稚魚が多数見られました。

DSCN8921.jpg
スズキは久しぶりに大型の個体2匹と稚魚が
数十匹ほど。次回調査は4月8日(日)。4月からは
一般公開行事となります。

ラベル:近況 植物 魚類
posted by スタッフN at 14:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

保護区鳥情報3/17

2018年3月17日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
アオジ、オオジュリン
ドバト
39種

1.海ガモが増えています。スズガモ168羽、キンクロハジロ181羽、
  ホシハジロ60羽でした。
2.アオサギの婚姻色がきれいです。
3.ゴイサギが野鳥病院の前の木の中に塒をとっています。
  気が付きませんでした。
(スタッフK)

[3月31日追記]
DSCN7115.jpg
野鳥病院前の木立の中のゴイサギ。気がつかず
に通り過ぎる人がほとんどです。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:25| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

フィールドミュージアム研究会報告会

2016年度から始まった、保護区での調査観察会を
行っているフィールドミュージアム研究会の活動報告会を
開催します。

この一年の各種調査報告や友の会(昆)虫班・植物班・キノコ班の
活動報告資料配布、先日実施した海苔漉き体験で作った保護区産
の海苔の披露などを予定。

○3月17日(土)フィールドミュージアム研究会報告会
 15時~17時 市川市行徳公民館第5研修室
       (市川市末広1-1-31 行徳支所3階)  
 定員30名・当日受付・参加無料

 2017年度のフィールドミュージアムや江戸前干潟研究学校の
 開催報告、三島池汽水化実験や干潟生物調査、海苔、クモ調査
 など保護区での調査活動の報告をいたします。

※会場は開始時刻ギリギリまで開錠されません。早く到着されても
 開いていないのでご注意ください。


○3月18日(日)江戸前干潟研究学校(自主調査)
 10時観察舎玄関前集合 解散13時頃
 冬期の自主調査も今月が最後。そろそろ魚たちも動き出して
 いるでしょうか。基本的には現場で計数・記録を行っていき
 昼過ぎには終了の予定です。参加希望の方はご連絡下さい。
 4月からは一般公開行事として開催します。


3月11日にゲリラ開催したフィールドミュージアム「海苔」
当日午前はくもりがちでしたが約40枚分が出来上がりました。
DSCN8835.jpg
網から海苔を手摘み
DSCN8866.jpg
漉いた海苔を乾燥台に取付
DSCN8872.jpg
天日干し。来年も実施できますように。
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 12:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

保護区鳥情報3/10

2018年3月10日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
45種

1.湊池にて、ハイタカがツグミを捕らえて柳島の
  方へと飛び去っていきました。
2.アオサギは北池での繁殖の様子は無し、一方
  カワウコロニー内に増えていて7巣ほどあるとのこと。
3.カワウの雛がずいぶんと顔を出しています。
  親ほどの大きさのものもいました。
4.カイツブリのケレレレ…という声がよく聞こえる
  ようになりました。ウグイスは4か所でさえずりが
  聞こえました。
5.カワセミは2ペア(丸浜川、下北岬付近)、
  モズも1ペア(観察舎前丸浜川)います。
(スタッフK)

DSCN8821.jpg
保護区で一番早い湊池のサクラが本日
咲き出していました。(スタッフN)

ラベル:鳥情報 近況 植物
posted by スタッフN at 22:53| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

雨上がり

降雨の多い一週間でした。

保護区の中ではようやくツクシが出ていたとの事。
20180309_151117_00001.jpg

この冬干上げて草刈・トラクターがけを行った湊池にも
半分弱水がたまりました
20180307_105810_00000.jpg
3月7日

20180309_150227_00001.jpg
3月9日

20180309_145115_00001.jpg
ウシガエルが食べられていました。タヌキの仕業かな。
カエルといえば4日にニホンアカガエルの卵塊が町田池で
見られたとの事。今年はうまくいくでしょうか。
ラベル:近況 植物
posted by スタッフN at 17:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

3/11(日)フィールドミュージアムで海苔漉き体験

突発ですが今度の日曜に海苔漉き体験会を開催します。

〇フィールドミュージアム「マイ海苔ティーチング」
3月11日(日)9時半~11時半 観察舎玄関前集合
当日受付・参加費500円・雨天中止・定員20名程度

保護区で育ったノリを海苔網から手摘み、刻んで海苔漉き、
海苔簾にかけるという昔ながらのやり方を体験します。
乾燥するまで見たい・できた海苔を持ち帰りたい場合は
13時に再集合となります。遠方の方は昼食持参でお越しください。

DSCN3370.jpg
海苔漉き
DSCN3376.jpg
海苔簾にかけて乾燥干しているところ


行徳保護区では数年前より実験的に海苔の養殖が三番瀬の海苔漁師
である福田さんにより行われています。

昨冬に海岸部のヨシにノリが自生(付着)しているのがはじめて
確認されました。春から夏は糸状態と呼ばれる目には見えない
サイズになり、牡蠣殻等の隙間で過ごしたノリは、水温の下がる
秋に再び葉状態という普段目にする形となって冬に生長していきます。
DSCN4254.jpg
昨年2月に見られたノリ(黒い方)

2017年秋に何も付けてない網を保護区築山前に設置
(海苔養殖ではノリの種を付けた網を使用する)
したところ、11月にわずかですが付着が見られました。
IMG_20171110_140837_20171110144557s.jpg
2017年11月に付着していたノリ(緑色は別の藻類)

DSCN7491.jpg
保護区の海苔網設置場所

その後は残念ながら生育状況は悪く、このまま消失するかと
思われましたが、今月に入り急激に育っているのが確認
されました。東京湾ではレアな天然ノリ、どうぞ11日に
ご覧ください。

IMG_20180307_144557_20180307152053s.jpg
IMG_20180307_143848_20180307152259s.jpg
海苔網についたノリ(いずれも7日撮影)
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 12:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

保護区鳥情報3/3

2018年3月3日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、カルガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、コサギ
オオバン
ユリカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ジョウビタキ
スズメ
ベニマシコ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
37種

1.カワウの巣材集めも盛んですが、ハシブトガラスも枝をくわえて
  運んでいました。近くに巣を作っているかもしれません。
2.ウグイスの囀り、2か所。(旧淡水池、3色パン池)
3.カワセミ2羽が頻繁に鳴き交わしていました。(丸浜川)
4.毎年北池で2月頃には営巣を始めるアオサギですが、今季は北池に
  全く姿を見ません。一方、カワウコロニーの1000~1100mのあたり
  で営巣している模様です。毎年、カワウコロニーの千鳥町側コーナー
  付近での営巣はありましたが、新しい場所に進出でしょうか。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:51| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

ズグロカモメ

本日午後、観察舎前の導流堤にズグロカモメが2羽いました。
1羽は成鳥夏羽。今冬保護区や江戸川放水路などで見られていた
個体が換羽したのでしょうか。
DSCN8744.jpg
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 17:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする