2017年09月29日

10月行事案内

2017年10月の保護区行事予定です。
特記ない限り野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

・5日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。セイタカアワダチソウが色づいてきました。
 ススキやオギの穂も出ています。ウラギクの花にはまだ早いかも。
 徐々に姿を見せ始めたカモやカモメ類、移動途中の小鳥類等を探して
 みましょう。

・8日(日)
 フィールドミュージアム「カニの巣穴の形」 10時~14時半頃
  参加費50円・雨天決行
 カニの巣穴や鳥の足跡に石膏を流して形を観察してみます。
 持物:長靴・飲料・昼食・筆記用具

 定例新浜探鳥会 10時メトロ東西線行徳駅改札口前広場集合
  参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
  日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・28日(土)
 ボランティアデー 13時~15時半
  毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。10月も
 9月に続き稲刈りを予定。
 持物:軍手・長靴・飲料

 夕暮れ観察会 16時~18時
  毎月第4土曜開催。日没前後の保護区を歩きます。10月から1月は
 30分早くなります。ご注意を。日没前に飛び交う猛禽類、薄暗い水面に
 採餌に出てくるカモのシルエットなどを楽しみます。

・29日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 雨天決行
  保護区水辺に仕掛けた定置網を回収して採れた魚やエビ・カニ類を
 調べます。今年度の一般公開行事としてはラストの予定。11月から3月
 はスタッフによる自主調査(参加希望の方はご連絡下さい)となります。
 持物:軍手・長靴・筆記用具・飲料・昼食
 ※午前のみ・午後のみ参加も可

・定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
  普段は入れない保護区内を2時間ほどご案内。鳥や植物などを観察して歩きます。
 渡りの時期。徐々に増えてくる冬鳥たちや立ち寄る小鳥類、色づく草木や実など
 一週ごとにさまざまな出会いがあることでしょう。お隣の鴨場からはカモを
 寄せる給餌の合図の音も聞こえてくる時期。散歩にちょうど良い気温です。
 どうぞお越しください。

・ミニガイド 行事のない土曜日(10/7・14・21) 13時半~14時
  導流堤や野鳥病院など観察舎周辺のミニ観察会。普段の観察会は時間的にちょっと・・・
 という方もどうぞ。

問合せ:野鳥観察舎047-397-9046
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 14:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

9/24フィールドミュージアム「トンボ」

24日は適度な風と晴天で観察会にはちょうどよい天候でした。
今回のフィールドミュージアムは「トンボ」
トンボ研究家の互井賢二さんを講師に保護区のトンボ観察を
行いました。

DSCN7177.jpg
網を手にトンボ採集に挑戦する参加者

DSCN7186.jpg
ギンヤンマのオスとメス

DSCN7205.jpg
午後はトンボ・ヤゴの標本も使ってトンボ講座。

赤トンボ類がとても少ない今年の保護区。
本日確認したのは
シオカラトンボ・コシアキトンボ・ギンヤンマ
アキアカネ・ノシメトンボ
アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ
の7種でした。

次回フィールドミュージアムは10月8日(日)
カニの巣穴などに石膏を流して形を観察します。
どうぞよろしく。
ラベル:行事情報 近況
posted by スタッフN at 14:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

保護区鳥情報9/24

2017年9月24日の保護区鳥類調査の結果です。

ヒドリガモ、カルガモ、スズガモ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
アオアシシギ、クサシギ、イソシギ
トビ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
23種

1.スズガモ7羽とヒドリガモ1羽が群で行動してました(百合ヶ浜沖)。
  群でスズガモが記録されたのは今季初のようです。
2.クサシギ、アオアシシギ。(新浄化池)
3.スズメ200羽以上の群が上池で水浴びと日光浴をしていました。
4.保護区では冬鳥メジロを記録しました。今季初かな?
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 17:37| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

保護区近況

本日昼過ぎ、小島岬にサギ類が20羽ほど集まっていました。
DSCN7128.jpg
アマサギとチュウサギがメインだったようです。
渡り前の集合といったところでしょうか。

DSCN7166.jpg
浄化池ではアオアシシギが比較的近くで
観察できました。

20170923_140325_00001.jpg
DSCN7144.jpg
ボランティアデー作業は湊池棚田の稲刈り。
ひとまず黒米を刈り取りました。

DSCN7142.jpg
18日に見かけたアケビは割れ始めていました。

明日は10時からフィールドミュージアム「トンボ」
13時半から定例園内観察会です。どうぞよろしく。
(スタッフN)


〈夕暮れ観察会報告〉
雲間から細い月がのぞいている、趣のある夕暮れだった。

〇清楚なヒメジソの花、シックで個性的なナカグロクチバ
(ガの一種)、赤紫のナンバンギセルなどを観察しながら
保護区の奥へと歩いた。

〇浄化池では、2羽のアオアシシギが仲良く食事中だったが、
やがてそろって眠り始めた。起こさないようにそっと現場を
離れた。秋の渡り鳥。来年も来てくれることを願わずにいられない。

〇日が暮れると、虫の大合唱。アオマツムシやカンタンに交じって
マツムシも例年になく勢いがいい。「チンチリリン」という澄んだ音
があちらこちらで聞かれた。

〇終盤、闇夜から「ピョウ!」という声が断続的に降ってきた。
正体は謎。私は、ササゴイ(サギの一種)ではないかと思ったのだが、
帰宅してからネットで聴いてみると少し違うようだ。
秋の夜も、ミステリアスであることよ・・・(担当S)

★次回は10月28日(土)16時から。
集合時間が30分早くなりますのでご注意ください。
ラベル:行事情報 近況
posted by スタッフN at 22:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

週末行事案内

今週末の行事情報です。いずれも観察舎玄関前集合・当日受付

〇9月23日(土・祝)
・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
 今回は稲刈りを行います。本日の雨で足元のコンディションは
 悪くなりますので長靴・汚れても良い服装で。
 20170922_110216_00002.jpg
 稲刈り予定の湊池棚田。稲を干す稲架も準備済。

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 保護区内を2時間ほど歩きます。20日にはサシバが見られたとのこと。

・夕暮れ観察会 16時半~18時半 雨天中止
 日没前後の保護区を歩きます。毎月第4土曜開催。9月は虫の声の最盛期。
 マツムシやカンタン、カネタタキなどを楽しみます。

〇9月24日(日)
・フィールドミュージアム「トンボ」 10時~14時半頃 小雨決行
 トンボ研究家の互井賢二さんを講師に保護区のトンボ観察会。
 参加費50円 
 持物:長靴・飲料・昼食・筆記用具 あれば捕虫網・虫かご
 ※捕まえたトンボは持ち帰りできません。
 P9294465s.jpg

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 毎週日曜日と祝日開催。

問合せ:野鳥観察舎047-397-9046

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

台風一過

台風18号通過で青空と暑さに覆われた1日でした。

キノコ観察会はスタッフ等含め35名で保護区での
観察・採集と自治会館をお借りしての講座を実施。
キノコを探そうa.jpg
見つかったかな?
キノコを探そうb.jpg
採集したキノコの同定・解説
キノコを探そうc.jpg
本日のキノコ一覧。21種であったとの事。

保護区内では干上がりかけていた旧淡水池の
水位が今回の雨でようやく回復。
DSCN6884.jpgDSCN7079.jpg
9月11日                 9月18日

北池はまだまだ水たまり状態。カモ類が本格化する
前に水面が出来るでしょうか。

DSCN7105.jpg
丸浜川沿いで見られたキジ。尾羽がない個体でした。
生え替わり中なのか抜けてしまったのか。

DSCN7110.jpg
鈴なりのアケビを発見。食べ頃にはまだ少し
早いようです。


ラベル:近況
posted by スタッフN at 23:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

江戸前干潟研究学校9月

本日の江戸前干潟研究学校は雨の中親子4組を含む14名が参加。
PHOT0001.jpg

DSCN9978.jpg
百合ヶ浜の大網はクラゲによってよじれてしまっており、
採集できませんでしたが、長靴池でかつてないサイズの
ウナギが捕れていました。
その他は海域ではニクハゼ・シラタエビが多かったですが、
全体的には天候のせいか少なめでした。

次回は10月29日(日)。今年度の一般公開調査としては
最後の予定(自主調査は月1回実施していきます)。

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 17:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

保護区鳥情報9/16と8月夕暮れ観察会報告

2017年9月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
トビ、オオタカ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ドバ
25種

1.珍しいササゴイが、千鳥水門付近のカキ礁で口に余り
  そうな大きな魚(ボラ?)を採っていました。
2.モズの高鳴きが聞かれるようになりました。(UFO島、百合池)
  9/14が今季初認のようです。
3.オオタカの成鳥。
4.先週辺りからカルガモが急に減っている様子です。
(スタッフK)

午後のミニガイドは千鳥水門方面へササゴイ
を探しに行きました。残念ながらササゴイに
は会えませんでしたが管理通路でオオタカが。
DSCN5016.jpg
最初はカラスだけかと思ったら右端にオオタカ
DSCN5016a.jpg
何かを捕食していた模様。
DSCN5017.jpg
樹脂製リングの付いた白っぽいドバトが
襲われた様です。

戻る途中ではコミスジを発見
RSCN5026.jpg
保護区では初かも。(以上画像撮影・提供Kさん)
(スタッフN)

夕暮れ観察会報告(8月22日)

親子連れの皆さんも複数組参加してにぎやかに出発。

●セイゴ水道の泥干潟では、ヤマトオサガニの大群がお出迎え。
 壮観でした。名物のトビハゼも、かすんでしまうほど。

●本土に入ると、こんどはクロベンケイガニがぞろぞろ。全身が
 赤いベンケイガニも参加者の方が次々にみつけてくださいました。
 すっかりカメラ目線?で悠然とポーズをとるカニも。

●田園風景の中をシラサギやカルガモが飛び立っていきました。

●夕方の空で虫をとる生物・・・ツバメ、コウモリ、ギンヤンマが
 乱舞する光景。素敵です。

★次回は9月23日 16時30分から。いよいよ年に一度の虫たちの
大合唱の季節。お楽しみに!
(担当S)
 
ラベル:行事情報 鳥情報
posted by スタッフN at 07:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

近況と連休中の行事案内

観察舎前の通路沿いでヒガンバナが咲きだしました。
DSCN9975.jpg
DSCN9976.jpg
駐車場入り口など白いものもちらほらと。

DSCN6895.jpg
保護区内ではナンバンギセルが咲いていました(10日撮影)。
ススキなどイネ科植物に寄生します。

DSCN6875.jpg
タチバナモドキに実がついていましたが、まだ色付く
には早いようです(10日撮影)

DSCN6891.jpg
クズが花盛りを迎えて甘い香りを放っています。
今年はちょっと遅め?

DSCN6885.jpg
干上がりかけた旧淡水池(11日撮影)
他から水の流入がない旧淡水池。今年は空梅雨で水位が低下
し、8月も降雨日数の割に降水量は少なかったのでどんどん
池が干上がっています。週末の台風で水量回復するでしょうか。

週末の行事予定です。キノコ観察会以外はすべて
当日受付・観察舎玄関前集合・参加無料

〇9月16日(土)
・ミニガイド 13:30~14:00 雨天中止
 観察舎周辺を案内します。

〇9月17日(日)
・江戸前干潟研究学校 10:00~14:30頃 雨天決行
 保護区水生生物調査。台風接近で降雨だけでなく風も強い場合は
 スタッフによる自主調査に切り替えます。ご参加は無理の無いように。

・定例園内観察会 13:30~15:30 雨天中止
 カモ類が少しづつ種類が増えてきています。

〇9月18日(月・祝)
・キノコを探そう@行徳保護区 10:00~15:00 小雨決行
 ※定員につき申込は締め切っています
 保護区のキノコ観察会。午前は保護区で観察・採集、午後は
 かもめ自治会館にて顕微鏡観察や講師のお話、
 参加費大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 9:45観察舎駐車場集合

・定例園内観察会 13:30~15:30 雨天中止
ラベル:近況 行事情報
posted by スタッフN at 17:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

保護区鳥情報

2017年9月10日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
ツミ
カワセミ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
19種

1.カワウがとても多い。5000羽弱を記録しました。
2.キビタキ♀。(保護区入口)
3.ツミ♀。(UFO島)
(スタッフK)

保護区入口付近ではサンコウチョウが8日に今期初認。
その他今シーズン初認ではノスリ(7日)、ハシビロガモ(9日)。
本日はハヤブサも見られたとのこと。
(スタッフN)

posted by スタッフN at 22:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

泥だらけのオオタカ

5日17時過ぎ、作業を終えて保護区を出ようとした
スタッフYが導流堤に見たのは泥だらけのオオタカ若鳥。
DSCN1753.jpg
DSCN1756.jpg
DSCN1765.jpg
干潟にでも突っ込んだのでしょうか。
この後どうなったかは不明。本日6日には確認できなかった
との事。汚れは雨で洗い流されていればいいのですが。

その他5日には旧淡水池でタカブシギ・トウネン・コチドリ若鳥
がいたそうです。
DSCN1736.jpg
コチドリ若鳥
DSCN1711.jpg
タカブシギ

DSCN1802.jpg
小島岬にいたアマサギ(6日)

ラベル:近況 鳥情報
posted by スタッフN at 19:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

保護区鳥情報9/4

2017年9月4日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
コチドリ
イソシギ、トウネン
ウミネコ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
27種

1.雨混じりの肌寒い一日でしたが、種数は27種と急増しました。
2.アマサギ1羽(新浄化池)、トウネン2羽(旧淡水池)、
  セグロセキレイ1羽(新浄化池)
3.コガモ3羽、今季初(長靴池)
4.8月はあまり聞かなかったセッカの声が多く聞かれました。
5.スズメ100羽ほどの群。(竹内が原)
(スタッフK)


ミサゴが8月30日頃から小島岬の杭によくとまっています。
DSCN1676.jpg

9月3日、丸浜川沿いのオシドリ雌雄
20170903_oshidori_by-MatsumaRoom_1776.jpg
(撮影・提供MatsumaRoomさん)

2羽とも野鳥病院放鳥個体。オスは先月下旬
市川市内で保護された個体。メスは2年前
千葉市内でヒナで保護され、カルガモと一緒
に育ったせいか放鳥後もカルガモ達と一緒に
行動していました。このまま同種で仲良く
行動するようになるでしょうか。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:07| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

9月行事案内

2017年9月の観察舎行事情報です。
特記なければ観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止
申込・問合せ:野鳥観察舎 047-397-9046

・9月7日(木)平日観察会 10時~12時
 毎月第1平日木曜開催。渡り途中に通過していくシギ・チドリ類や小鳥類、
 足元ではナンバンギセル(ススキ等に寄生)などを探します。コガモはもう
 渡ってきているでしょうか。

・9月10日(日)定例新浜探鳥会 10時行徳駅改札口前広場集合
 参加費200円(18歳未満無料) 毎月第2日曜開催・雨天決行・要昼食
 保護区に直接向かうショートコースと江戸川放水路経由のロングコース
 (バス代400円)の2コース。解散はいずれも観察舎前。天候状況等により
 どちらか片方のコースのみとなることもあります。
  日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催

・9月17日(日)江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃・雨天決行
 前日に仕掛けておいた定置網を回収して、採集された魚やエビ・カニ類を
 調べます。午前のみ・午後のみ参加も可
 持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食・筆記用具

・9月18日(月・祝)キノコを探そう!@行徳保護区 10時~15時
 観察舎駐車場9時45分集合・定員20名・要申込(9月7日現在残り2名)
 参加費:大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 午前は保護区でキノコの観察、昼食後福栄かもめ自治会館(観察舎駐車場前)
 にて顕微鏡観察や講師のお話。午前・午後のみ参加も可。

・9月23日(土・祝)
 ボランティアデー 13時~15時半頃
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。稲刈り予定。
 夕暮れ観察会 16時半~18時半
  日没前後の保護区を歩きます。9月は何と言っても虫の声。マツムシやカンタン、
  カネタタキ等様々な音色を楽しみます。渡って来始めたカモ類も探してみます。

・9月24日(日)フィールドミュージアム 10時~14時半頃 雨天決行
 参加費50円
 今回は「トンボ」赤トンボ類を中心に保護区のトンボ観察や周辺での
 トンボ事情を解説いただきます。
 講師:互井賢二さん(房総蜻蛉研究所)

・ミニガイド 9/2、9/9、9/16、9/30 13時半~14時
 行事等の無い土曜日開催。観察舎周辺を案内・解説します。

・定例園内観察会 毎週日曜日・祝日 13時半~15時半
 普段は入れない保護区内を2時間ほど観察して歩きます。秋冬の渡り鳥が
 徐々に増えてくる時期。秋の花も楽しみです。
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 16:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

保護区生まれのダイサギ、神奈川へ

8月9日にお伝えしたアオサギに続き、保護区で誕生して
標識足環を付けたダイサギが多摩川で観察されました。

今回観察されたのは2017年6月17日に保護区カワウコロニー内で
標識されたダイサギ8羽のうちの1羽(左脚に黄色12F)。
川崎市多摩区宿河原あたりで8月18・19・25日にいたとの事。

画像はこちらでどうぞ。


カラーリング付のサギ類を観察したら是非情報をお寄せください。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 09:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする