2017年08月17日

青潮発生中

ここのところの雨で表層水温が下がったためか
東京湾奥部で青潮が発生しているようです。

保護区にも入って来ていたのと、魚が水面に上がって
来ていたので本日正午、千鳥水門を閉鎖しました。
今のところは大量死するような状況でもなさそうですが、
ちょっと心配。

DSCN6684.jpg
千鳥水門上から正午頃撮影。左が千鳥橋側、右が保護区。
既に保護区内にも青潮が流入していた。


ラベル:近況
posted by スタッフN at 21:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

今週末は夜の生き物観察会

今のところ微妙な週間予報ですが、今週末の行事案内。

〇8月19日(土)
 市川市自然環境課主催。保護区内でトビハゼやカニの観察を行います。
 要申込。申込・問合せ等詳細は市川市自然環境課(047-712-6307)まで

・ミニガイド 13時半~14時
 観察舎周辺を案内する短時間観察会。干潟観察や導流堤散策、
 野鳥病院開設など。リクエストも受け付けます。

・夜の生き物観察会 19時~20時半 荒天翌日
 保護区内にライトトラップを設置し、灯りに集まる虫や
 夜の保護区の生き物たちを探します。
 対象:小学生以上(小学生は要保護者同伴)
 要申込・参加費大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 まだ定員には余裕があるのでお問合せください。

 ↓昨年の様子 
 DSCN1955.jpg
 DSCN1960.jpg

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 16:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

保護区鳥情報8/13

2017年8月13日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、スズガモ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
オオタカ
オナガ、ハシブトガラス
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
17種

1.全体的に鳥は少な目でした。
2.オオタカ若鳥(新浄化池)。成鳥は確認されていた
  ので今季2個体目のようです。
3.カワウコロニーからカワウの声が聞こえなくなりました。
  カワウが繁殖期後、個体数がこれほど少ないのは初めて。
  若鳥も保護区外へ出ている様子です。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:35| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

セミ羽化観察会無事終了

DSCN6640.jpg
本日のセミ羽化観察会はここのところの雨・曇天も
過ぎ去り、穏やかな天気の中15組40名が参加し
盛況の内に終了しました。

DSCN6617.jpg

昨年よりも見られた数は多く、アブラゼミ以外
にツクツクボウシの幼虫がセミ羽化観察会では
初めて出現しました。
DSCN6625.jpg
地面を歩くツクツクボウシ幼虫。
残念ながら羽化するまでは追えず。

この時期は毎日のようにどこかで羽化しています。
本日来られなかった方も懐中電灯と虫除け装備で
探してみてはいかがでしょうか。

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 22:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

週末行事情報

連休中の観察舎行事予定です。
特記なければ観察舎玄関前集合・雨天中止・参加無料。いずれも当日受付。

〇11日(金・祝)
・定例園内観察会 13時半~15時半

〇12日(土)
・ミニガイド 13時半~14時

・セミ羽化観察会 18時半~20時半
 観察舎駐車場集合・参加費1組300円・持物:虫よけ・懐中電灯
 観察舎芝生帯で羽化するアブラゼミを探して観察します。

〇13日(日)
・江戸前干潟研究学校 10時~14時半頃 雨天決行
 前日に保護区内に仕掛けた網を引き上げて、採集された魚や甲殻類を
 調べます。午前は保護区で採集、午後は観察舎芝生帯で同定・計測作業。
 持物:軍手・長靴・帽子・飲料・昼食
 ※午前のみ・午後のみ参加も可

・定例園内観察会 13時半~15時半
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 09:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

保護区生まれのアオサギが谷津干潟で観察されました

毎日暑い日が続きますね。
さて先日、山階鳥類研究所から行徳のコロニーにて捕獲・標識放鳥した
アオサギが 谷津干潟で観察されたとの情報をいただきました。

2017年7月29日千葉県習志野市谷津干潟
アオサギ (性不明・成鳥)
足環の番号:青00C
観察したときの状況:干潟で採食し、しばらくして飛び去りました。
IMG_6966(2)a.jpg
IMG_6966(2)b.jpg
谷津干潟にて7月末に観察されたアオサギ(撮影・情報提供:Y.Nさん)


観察舎スタッフ有志で2007年から山階鳥研の行っているサギ類カラーリング調査
に協力しており、千葉県内のコロニーにて調査を実施しています。
近年は主に南房総方面の館山市と行徳鳥獣保護区にて調査を実施しています。

今回の青00Cを装着したアオサギは、2014年5月17日に保護区にて
捕獲・放鳥した個体です。
標識時アオサギ00C.JPG
標識時のアオサギ青00C

この年は館山市と行徳の2か所で調査を実施し、行徳では2日間でアオサギ6羽、
ダイサギ6羽の12羽(うちカラーリングは11個体)を捕獲・標識放鳥しています。

標識した個体の再観察は、放鳥数が少ないことも関係していると思われますが
あまりなく、特に行徳にて標識放鳥されたアオサギの他所での再観察例は初となります。
無事に成長し、再観察されてとてもうれしいです!

今年も行徳のコロニーでは、アオサギが北池にて7巣。カワウコロニー内10巣。
ダイサギ7巣が確認されています。また行徳と館山市にてサギの標識調査を実施しています。
(今年は黄色地に黒文字刻印)

2017年6月15日 館山市正木
標識数(うちカラーマーク装着数)
ダイサギ  6羽(6羽)
チュウサギ 26羽(7羽) 
コサギ  101羽(38羽)
ゴイサギ  33羽(0羽)
合計   166羽(51羽)
カラーマーク 黄「00F」~「05F」、「15F」~「59F」

2017年6月17日 市川市行徳鳥獣保護区
標識数(うちカラーマーク装着数)
ダイサギ 8羽(8羽)
アオサギ 2羽(1羽)
合計   10羽(9羽)
カラーマーク 黄「06F」~「14F」

ぜひサギ類を見かけましたら足をご確認いただき、足環がついている個体を
みかけましたら、ご一報をお願いいたします。

(スタッフS:標識調査担当)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 15:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

保護区鳥情報8/6

2017年8月6日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
ヒクイナ
クサシギ、キアシシギ、イソシギ
ウミネコ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
24種

1.ヒクイナ(新浄化池3系列7枚目)、クサシギ(新浄化池4系7枚目)、
  キアシシギ(百合ヶ浜)
2.水が無くなって草原と化した北池でオオヨシキリが、グルルルル、
  グルルルル・・・と刈払い機のエンジン始動のような音で繰り返し
  鳴いていました。オオヨシキリが7月以降も継続的に記録され8月
  になっても鳴いているのは珍しいですね。
3.ハスの花が咲いていました。(湊池棚田)。
  ツクツクボウシの声(鴨場から)。
今日もとても暑い一日でしたが、秋の気配ですね。
(スタッフK)

DSCN6516.jpg
ハスの花(8月5日撮影)

20170806_101037.jpg
20170806_144151.jpg
干上がった機会を利用して、視界をふさいでいたヨシや
ガマなど北池の草刈りを進めています(鴨場の了承済)。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

近況8月上旬

5・6日と久々の晴れ間。作業や行事にはちょっとこたえる暑さでした。
DSCN6566.jpg
入道雲がもくもくと(6日)

DSCN6514.jpg
トラクター小屋近くでクサギの花が咲いていました(5日)。

DSCN6534.jpg
DSCN6536.jpg
5日夕方、友の会有志で町田池に繁茂したマコモ刈り作業。

DSCN6545.jpg
6日フィールドミュージアム「夏休み自由研究」
暑い中30名を超える参加者となりました。
DSCN6564.jpg
小島岬(鈴ヶ浦干潟)で生き物探し中の参加者たち
DSCN6549.jpg
何故か干潟に落ちていたタマネギ

DSCN6572.jpg
午後は採ってきた生き物を図鑑で調べたり講師の先生に
聞いてワークシートに記入していきました。
DSCN6574.jpg
本日の生き物。
※連絡※
 お昼で帰られたM山さま、カクベンケイガニとしたカニ
は「クシテガニ」でした。訂正してお詫びいたします。
(スタッフN)


RIMG1290.jpg
友の会スタッフの夏用作業服ができました。
背中のコチドリ親子がポイントです。
posted by スタッフN at 16:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

本日の団体&週末行事案内

本日の団体さんは学校の先生たち。
保護区をフィールドワークにご利用いただきました。

P8040002.jpg
全国から参加した先生たち。普段は児童たちの持つ
探検バッグ・虫かご・網を持って干潟生物観察と採集に
励んでもらいました。
P8040007.jpg

P8040012.jpg
昼食後、採集した生物の解説を聞く参加者

短い時間でしたが埋立地に造成後40年が経過した
保護区の水環境や淡水・汽水・海水域での生き物の
様子などを知ってもらえたかと思います。次はぜひ
生徒さんを連れて来て欲しいです。


さて、次の日曜6日はフィールドミュージアムの開催日。
本日の先生たちと同じように保護区小島岬で生き物を
探して、夏休みの自由研究として干潟生物のワークシートと
貝殻標本箱作りを行います。

ワークシート20170806.jpg
ワークシートサンプル。谷津干潟レンジャーのMさんに
作成していただきました。

DSCN6470.jpg
貝殻標本箱サンプル。拾った貝殻の名前を調べて
ケースに並べます。

その他東京湾の生き物についての質問も受け付けます。

8月6日(日)10時~14時半 雨天決行
フィールドミュージアム「夏休み自由研究」
指導:風呂田利夫(東邦大名誉教授)・加納光樹(茨城大准教授)
行徳野鳥観察舎玄関前集合・当日受付・参加費50円
持物:帽子・長靴・軍手・筆記用具・飲料・昼食
ラベル:近況 行事情報
posted by スタッフN at 15:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする