2017年04月29日

保護区鳥情報4/29

2017年4月29日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
バン、オオバン
タシギ
トビ
カワセミ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ
ドバト
34種

1.夏鳥のアマサギ、チュウサギ1羽づつ、今季初認。(竹内が原)
2.オオヨシキリ、セッカの囀り。オオヨシキリは3個体はいたようです。
  草刈り後の百合池にアシが勢いよく伸びてきています、オオヨシキリ、
  セッカに気に入ってもらえるといいですね。
3. 北池のアオサギの雛が見えました。ヒメガマが勢いよく伸びていて
  巣は大分見えにくくなりました。
(スタッフK)

午後の観察会時には残念ながらチュウサギ・アマサギは
確認出来ませんでしたが、北池でチュウヒが盛んに飛んで
いました。そのせいかハシビロガモの群れが北池から飛び
出していました。
DSCN5105.jpg

28日にはミゾゴイが観察されています。
保護区初記録。

ラベル:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

放送情報

TV放映情報です。

5月3日(水)午前11時35分~午前11時49分 NHK総合

ドローン空撮による保護区の様子やトビハゼの姿などが
取り上げられています。

ラベル:告知
posted by スタッフN at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

保護区鳥情報

2017年4月22日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
タシギ、イソシギ
ツミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
アカハラ
スズメ
セグロセキレイ
カワラヒワ
アオジ
30種

1.オオヨシキリのさえずりが聞こえました。
  今季初認。(UFO島)
2.最近少なくなっていくキンクロハジロでしたが、
  今日は南極島付近に86羽の群がいました。
3.アオジ、セグロセキレイが囀っていました。
4.ツミが電線に止まってくつろいでいました。
  (カワズザクラ並木付近)
(スタッフK)

カウント時にはひっかかりませんでしたが、
本日は他にもいくつか見られています。
DSCN0197.jpg
オオハシシギ

DSCN0163.jpg
シメ (以上2枚はスタッフY撮影)

夕方にはコアジサシの鳴き声も聞かれました。
こちらも今期初認。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

週末の行事予定

今週末の行事案内です。
いずれも観察舎玄関前集合

4月22日(土)第4土曜行事
・ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。今回は観察壁日除けスクリーン
 に使っている稲束の交換を予定。
 DSCN4978.jpg

・夕暮れ観察会 16時半~18時半 雨天中止
 日没前後の保護区を歩きます。虫の声も少しずつ増えてきました。
 アブラコウモリたちの姿も見られるでしょうか。

※毎週土曜開催のミニガイド(13時半~14時)ですが、第4土曜は
 お休みです。

4月23日(日)
・フィールドミュージアム「町田池その1:生物調査」10時~15時雨天決行
 定員20名・参加費50円 持物:長靴・帽子・筆記用具・飲料・昼食
 保護区浄化池と宮内庁鴨場の間から始まる町田池水系。2011年の
 震災以降外来種が優先する環境になっています。今年度は海との
 つながりを強化して、遡上する生き物を増やそうと計画していますが、
 それに先立ち現状の生息種を調べます。どんな生き物がいるでしょうか。
 DSCN0642.jpg


保護区周辺の桜はここのところの風雨であらかた散りました。
越冬したオオハシシギはまだ居ついている様子。
20日、丸浜川下流(塩浜橋近く)でコサメビタキが出たとのこと。
A91W0308.jpg
撮影・提供:Iさん
ラベル:行事情報 近況
posted by スタッフN at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

近況

先週の話ですが、NHK千葉放送局のアナウンサーさんが訪れました。

「ひるどき情報ちば」という番組の「千葉をぐるっと自転車旅」という企画
で走り回っているそうです。
あいにく観察舎は休館中ですが、野鳥病院を見てもらいました。



桜は先週末の風でだいぶ散っています。今週がラストでしょう。
12日はサシバが観察されたようです。

ラベル:近況
posted by スタッフN at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

保護区鳥情報4/15

2017年4月15日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クイナ、バン、オオバン
ユリカモメ
カワセミ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
セッカ
ツグミ属sp.
スズメ
セグロセキレイ
アオジ
ドバト
27種

1.とても強い南風。小鳥類が少なめでした。
2.セッカの囀り。(ウラギク湿地)
3.ウグイスの囀りが4月に入ってもあまり多くならず、
  この時期にしては少ないように感じます。
4.保護区本土からカワウコロニー千鳥町交差点付近に
  アオサギの巣が一つ見えます。
(スタッフK)
15日丸浜川の処理場水門付近でオナガガモが1羽
DSCN4908.jpg

13日には魚をくわえたカンムリカイツブリが
見られました。マゴチ?マハゼ?
DSCN4853.jpg

カワウコロニー内のアオサギは7,8巣ある
ようです。道路側にあるので保護区内からは
ほとんど見えません。ダイサギも2巣ほどあるとの事。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

保護区桜情報

先週の桜観察会は雨となってしまいましたが、今週末は
保護区の桜もいい感じに咲いており天気も大丈夫そうです。
散歩がてらどうぞお越しください。

・定例園内観察会 16日(日)13時半~15時半
 毎週日曜・祝日開催。観察舎玄関前集合
 保護区内を2時間ほど歩いて鳥や植物などを観察します。
・ミニガイド 15日(土)13時半~14時
 スタッフが観察舎周辺を解説。今回は桜を見に行きます。
・緑の国 9時半~16時
 保護区外周部の一画、行徳高校側を土日祝日に開放しています。
 植栽されたクロマツやキョウチクトウに交じって鳥が運んだ
 種から育った桜などの木が茂っています。ちょっとした森林浴を
 楽しめます。

DSCN4826.jpg
緑の国観察壁付近から保護区小島岬方向の桜(12日撮影)

DSCN4838.jpg
緑の国の桜もよく咲いています。
DSCN4864.jpg
緑の国の桜は松などに負けじと上へ上へと伸びた先で
咲いているので、観察路を歩いていても意外とわかりません。
落ちている花びらでようやく気付くくらい。丸浜川沿いや
湾岸道路側の観察壁から見る方がよく見えます。

DSCN4899.jpg
野鳥病院前の桜もややピークを過ぎましたが満開状態。
スズメがせっせと花をちぎっているので花びらだけではなく
花そのものもたくさん落ちています。
P4141947.jpg

その他アオキの花やエノキの若葉等植物たちが賑わっています。
DSCN4887.jpg
アオキ

DSCN4228.jpg
外周部カワウコロニー内で繁殖中のアオサギ。
婚姻色で嘴が赤く色づいています。
ラベル:近況 植物
posted by スタッフN at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

行徳野鳥観察舎友の会インターン募集

認定NPO法人行徳野鳥観察舎友の会(千葉県市川市)では、
スタッフと共に働きながら、環境保全の現場を学ぶ
インターンを募集いたします。

都市近郊に造成された行徳鳥獣保護区での湿地再生、
野鳥病院での傷病鳥救護活動、環境NPOの運営などに興味
のある方は是非ご応募下さい。


○期間
 2017年6月~2017年10月までの間に14日間(最大30日間)
 期間中スタッフと一緒に働き、現場を体験しながら学ぶ。
 合計3名程度

○内容
 1:原則午前9時~午後5時。
   3回目までは極力2週間以内に出席し、仕事の流れを覚える。
  以降の実習日は本人の都合に合わせて決定。
 2:交通費支給(電車代として片道上限1,000円)
 3:実習ノート又はメール等で毎回の実習内容や感想・疑問等を記入・提出。
  友の会指導者はコメントを記入し返却する。
 4:インターン活動について修了時に口頭発表を行う。

○応募条件
 1:18歳以上(高校生不可)。
 2:心身健康で期間中規定の回数働くことができる方。
 3:応募前に必ず現場下見をし、担当者の説明を受けること(要予約)。
   できれば一日体験が望ましい。過去に実習・一日体験・ボランティア等
   をされた方は体験不要です。その旨をお知らせください。

○応募方法
 以下の書類をメール又は郵送で。必要書類は一日体験(又は下見)時に配布。
  1:応募申込書
  2:応募の理由(1200字程度)
   3:返信用封筒(メール応募の場合不要) 
 締切:2017年5月27日(土)必着
 採用の可否は6月2日(金)までにお知らせいたします。
  

〇問合せ・応募先
 行徳野鳥観察舎友の会 担当:野長瀬(のながせ)
 電話・FAX:047-397-9046(行徳野鳥観察舎)
 メール:tomonokai_kawau@ybb.ne.jp
 〒272-0137千葉県市川市福栄4-22-11 行徳野鳥観察舎気付
ラベル:告知
posted by スタッフN at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

保護区鳥情報4/10

2017年4月10日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
ハイタカ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ
アオジ
ドバト
32種

1.北池のアオサギは4巣ありそうです。他にまだ巣
  はないようですがペアが1組、仲良さそうに近くに
  止まっていました。
2.カワウコロニー(千鳥町交差点側角付近)には、巣は
  良く見えないのですが、アオサギ2巣?とダイサギも
  営巣しているようです。
3.ダイサギのきれいな婚姻色の出ている個体が見られる
  ようになりました。
4.カワウは巣材集めで忙しそうです。築山周辺に150羽
  ほど集まってイタドリ?の枯れた茎を持って行く様子。
5.繁殖が盛り上がっているようでカワウコロニーのカワウ
  が急増しました。「緑の国」側は特に多く過去最大
  (200羽ほど)、繁殖域も「緑の国」側へ拡大している
  ようです。
(スタッフK)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

江戸前干潟研究学校2017年4月

本日は2017年度第1回目の江戸前干潟研究学校でした。
保護区の水辺に仕掛けた網を回収し、捕れた魚類や
甲殻類等を調べる公開調査イベントです。

PHOT0002.jpg
雨の中活動する参加者一同

まだ魚たちは少ないものの、先月までと比べると
にぎやかになってきました。比較的多かったのは
ユビナガスジエビ。スズキやボラの稚魚も見られました。

DSCN4810.jpg
イシガレイ。百合ヶ浜岸側と沖側で合計5個体。

DSCN4812.jpg
アユ。この時期江戸川を遡上していきます。

次回は5月開催です。



ラベル:行事情報 魚類
posted by スタッフN at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

食べたの誰だ

保護区内には現在センサーカメラを何台か設置して、
夜間や人のいない時間帯での鳥や哺乳類の利用状況を
調べています。

その内の1台に2月、アライグマが写っていたことから
現在トラップを設置して捕獲を試みています。
IMAG0011.jpg
捕獲トラップ。餌はキャラメルコーンを使用。

そのトラップですが、近ごろ餌だけ空になっていたり、
フタは閉まっているのに餌だけ空という状況が続いています。
何かが出入りしているに違いない、ということでトラップ
近くにカメラを設置してみました。

IMAG0013a.jpg
最初に写っていたのはタヌキ。ですがエサ皿は既に空で
犯人は別にいるようです。

IMAG0007.jpg
そして二日目に捉えたのがこちら。ドブネズミのようです。
IMAG0007s.jpg

さて、どう対処したものやら。

ラベル:哺乳類 近況
posted by スタッフN at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

桜開花状況

4月5日現在の桜開花状況です。

観察舎前通路沿いに植栽された桜が満開になりはじめました。
ただしようやく咲き出した木も多く、例年と比べるとまだ
寂しい感じです。
DSCN4719.jpg
白鷺公園近くの桜

緑の国の桜(自生)も咲きだしています。木立の上の方で
咲いているので林内を歩いていても意外と気づきません。
DSCN4734.jpg


DSCN4778.jpg
ビューポイントの桜はちょうど満開。
DSCN4782.jpg

保護区内は満開が数本、後はちらほらと咲き出しているか
3~5分咲き程度のが多いです。
DSCN4762.jpg
上池観察壁の桜。ちょうど見頃。

DSCN4736.jpg
管理通路(下北岬~小島岬付近)の桜。保護区内では
比較的咲いている方。

今週末8日(土)は午前と午後に桜の観察会を予定していますが、
この3日間でどれだけ咲いてくれるかちょっと不安。明日6日(木)
の平日観察会でもご覧いただけます。
DSCN4726.jpg
一部八重咲きしている桜も生えています。

その他にも花や若芽・若葉等春がそこかしこで見られています。
DSCN4772.jpg
アケビの花
DSCN4774.jpg
シロダモ。もう少しで若葉が開きそう。

DSCN4767.jpg
コチドリ。ツバメとコチドリは数が増えてきました。

P4030025.jpg
野鳥病院前のオニグルミ。こちらも新芽が膨らんでいます。




ラベル:植物 近況
posted by スタッフN at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

保護区鳥情報4/2

2017年4月2日の保護区鳥類調査の結果です。


カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
クイナ、オオバン
コチドリ
セイタカシギ、タシギ、イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ハイタカ
カワセミ
チョウゲンボウ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
カワラヒワ、ベニマシコ、シメ
アオジ
43種

1.セイタカシギ1羽。頭と襟が黒い個体。(北池)
2.北池のアオサギは3巣で抱卵中です。
3.カルガモは21羽。冬鳥のカモ類がいなくなると
  ともにカルガモが増えた様子です。
4.モズの♂♀が一つの木に止まっていました。
  そろそろ単独縄張りの季節が終わり繁殖期です。
  (観察舎前)
5.保護区の中ではヒヨドリが一羽も確認無し。
  ツグミも減りました。ユリカモメ、セグロカモメは
  1羽ずつとほぼ姿を消しました。
(スタッフK)

セイタカシギは3月31日にもいたとの事。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする