2017年03月18日

翻訳『鳥と人とーイギリスから世界へ』連載開始

元野鳥観察舎の住み込み管理人だった蓮尾純子氏が
イギリスのRSPBで活躍されたハーバード・アクセル氏の
自伝を翻訳、WEB上にて連載を開始しました。

以下本人よりのお知らせ
-------
「鳥と人とーイギリスから世界へ」
ハーバート・アクセル著 蓮尾純子訳を「小説家になろう」
というサイトで連載開始しました。世界最大の環境保護団体、
RSPB(イギリス鳥類保護協会)のスタッフとして、同会の
シンボルマークともなっているソリハシセイタカシギで有名
なミンズメア保護区を育て上げ、退職後は世界各地で鳥の
保護区の指導にあたられ、日本でも東京港野鳥公園の前身、
大井野鳥公園へのアドバイスをされた方の自伝です.
 これから1年以上かけて、だいたい火曜日ごとに、着々と
続きを投稿して行く予定です。長丁場ですが、どうぞお楽しみに。
ぜひのぞいてみてください。
---------

・「小説家になろう」のサイトにて蓮尾純子」または「RSPB」で検索
するか、下のページよりどうぞ。
続きを読む
posted by スタッフN at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする