2016年09月30日

近況9月下旬

最近の保護区等近況です。今回は画像多め。

やたらと雨の降った9月。保護区の作業は降雨の合間を
見ながら進めていきました。
160927_135234.jpg
160927_145407.jpg
DSCN2444.jpg
27日、シート補修工事もあって長い間止めていた
水車池4番の水車を設置、稼働再開しました。

DSCN2438.jpg
160930_145415.jpg
湊池棚田のヒガンバナはちょうど見頃。
例年よりやや遅いかも。

DSCN2421.jpg
アケビの実が開きだしていました。

DSCN2422.jpg
スズメウリの花と実。実は白く熟すと食べられます。
ほのかに甘いです。

DSCN2426.jpg
アキノノゲシは花盛り

DSCN2434.jpg
ジョロウグモの姿が増えました。観察路のいたるところで
網を張っているので通行が大変。

DSCN6165.jpg
ハシビロガモは北池で夏場も見られていました(画像は9月27日撮影)

DSCN2463.jpg
本日は観察舎正面の鈴ヶ浦でお昼前にカモ類が100羽近く
群れていました。メインはスズガモで、キンクロハジロ、
ヒドリガモ、ホシハジロ、オナガガモが混ざっていました。

保護区入口付近ではここのところオオルリやキビタキが
出ていて、常連カメラマンさんらが集まっています。

P9301920.jpg
野鳥病院は入所が14羽、死体入所を含めても16羽と
通常の半分にも満たない数でした。ケガをして保護される
個体が減っているのなら良いのですが・・・
9月最終日の本日来たのはウミツバメの仲間。
P9301921.jpg
ストローや竹輪のような、管鼻とよばれる一つ穴の鼻が
特徴的な海鳥。目立つ外傷はなく体重は軽め。湾内に
流されてしまったのでしょうか。

P9301922.jpg
同じく本日入所のメダイチドリ。先月入所のミユビシギ
同様外傷はないものの立てない個体。夏の終わりから秋
にかけてこのようなチドリ類が保護されるケースがあります。
症状が軽ければ回復も早く短期間で放鳥できるのですが、
こうなる原因は不明。悪いものでも食べたのでしょうか。
posted by スタッフN at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

週末行事報告

9月の行事も本日で一通り終了しました。

24日のフィールドミュージアムは「植物」がテーマ。
DSCN2302.jpg
保護区内で気になる植物を採集し、
DSCN2369.jpg
台紙に並べて

DSCN2380.jpg
カラーコピー(右がコピーしたもの)して
名前を書き込み完成。なんとか雨に降られる
前に終わりました。

25日の江戸前干潟研究学校は今月久しぶりの晴れ間の中実施。
最近の降雨の影響か、それとも東京湾で先週辺りから青潮が
出ているためか、いつもより少し顔ぶれが違っていました。
DSCN2398.jpg
イシガニ
DSCN2406.jpg
シャコ
DSCN2410.jpg
マハゼの体長計測

その他百合ヶ浜の大きな定置網ではギマの小さい個体が
215匹。マハゼは5カ所計で1000匹を超えました。
江戸前干潟学校では初記録のウルメイワシも1匹。

今回NHK千葉さんが取材で同行していましたが、
放映は10月4日(火)7時45分からの枠との事。

posted by スタッフN at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

保護区鳥情報9/24

2016年9月24日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ホシハジロ、スズガモ
カイツブリ
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
バン
イソシギ
トビ、オオタカ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
セッカ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
23種

1.冬鳥のスズガモ、30羽ほどが南極島付近の
  海面に現れました。
2.秋は渡りの時期、ヒヨドリの群で飛ぶ姿を
  見るようになりました。
3.バンの成鳥、若鳥。(北池)
(スタッフK)

今週は水曜にまたサンコウチョウが、
金曜には久しぶりにソリハシシギが出たとのこと
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

週末の行事

今週末の行事案内です。いずれも観察舎玄関前集合・当日受付
※ここのところの雨で保護区内は水たまり・ぬかるみ多数です。
 この土日は天候に関わらず長靴必須となりますのでご注意ください。
 貸出用は数とサイズに限りがあるのでなるべくご持参いただける
 と助かります。

2016年9月24日(土)
・フィールドミュージアム「保護区の植物の色々」10時~12時半
 雨天翌日・定員20名・参加費50円
  様々な色や形の実や葉を採集し、カラーコピーで簡易標本作り

・ボランティアデー 13時から15時半ころ 雨天中止
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。今月は稲刈りを実施。
 ここのところの降雨で足元の状況は悪いです。長靴・軍手必須。

・夕暮れ観察会 16時半から18時半 小雨決行
 日没前後の保護区を歩く観察会。9月は鳴く虫を楽しみます。

9月25日(日)
・江戸前干潟研究学校 10時~15時 雨天決行・定員20名
 保護区水辺にしかけた定置網でとれた魚やエビ・カニ等を調べます。
 要昼食・軍手・長靴・筆記用具 午前・午後のみの参加も可

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
 毎週日曜・祝日開催。普段は入れない保護区内を歩きます。
 少しずつカモの姿が出てきました。

タグ:行事情報
posted by スタッフN at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

谷津干潟で保護区紹介展示

明日22日から10月30日まで、谷津干潟自然観察センター
1階特別展示コーナー(玄関入ってすぐ)にて行徳鳥獣保護区の
紹介展示を行います。
谷津干潟にお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

DSCN2281.jpg
DSCN2283.JPG

タグ:告知
posted by スタッフN at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

保護区鳥情報9/18

2016年9月18日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ、ホシハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
アマツバメ
オオタカ
カワセミ
ハシボソガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
21種

1.アマツバメ10羽ほど。(観察舎付近上空)
  秋の渡りのシーズンです。
2.冬鳥もやって来てます。コガモ7羽、まだ
  渡ってきたばかりなのか緊張している様子。(下池)
3.メジロも保護区にとっては冬鳥ですね。
4.キジバトを追うオオタカ若鳥。(観察舎付近)
(スタッフK)
コガモは12日の定例探鳥会時にやはり7羽で観察
されたのが今期初認となります。
サンコウチョウは♂1♀2の最大3羽が見られたそうです。
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

サンコウチョウ

昨日から保護区の入り口付近でサンコウチョウが
見られているそうです。
945A4465.jpg
オスもいて2羽とのこと。
近年観察例が増えてきた種類です。樹林が育ってきた
ためでしょうか。


945A4573.jpg
丸浜川沿いではオシドリが久しぶりに。この個体は
昨年野鳥病院にヒナで入所、放鳥した個体です。この画像
ではわかりづらいですが、左足に標識足環付き。

カルガモのヒナたちと一緒に育ったせいか、
自分をカルガモと思っているんじゃないかと
スタッフ間で話題です。

(本日の画像2枚はいずれもMさん撮影・提供)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

保護区鳥情報9/10

2016年9月10日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
オオタカ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ、コムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
22種

1.コムクドリ3羽。(千鳥水門付近)
2.カワセミ若鳥1羽、まだら模様の残るカイツブリ若1羽。(長靴池)
3.猛禽の食跡、新浄化池1段目にコサギ(かな?)の羽散乱。
  オオタカの仕業でしょうか?
4.ヒヨドリが増えてきている感じです。
(スタッフK)

9日にはモズ(今期初認)、グンカンドリらしき鳥が観察されています。
同日には野鳥病院に入所していたセグロアジサシとコグンカンドリ
を九十九里海岸にて放鳥しています。
(スタッフN)
タグ:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

9/3昆虫観察会

昨日は8月に続き2回目の昆虫観察会。
やや暑かったものの予想以上の参加者が
ありました。

DSCN2148.jpg
バッタ探し

DSCN2167.jpg
作業のため水を止めて干上げた浄化池で虫取り。
イナゴ類やクビキリギスが多かった。

DSCN2178.jpg
どんなものが捕れたかな?

前回と比べるとアブラゼミが激減し
ツクツクボウシの割合が増えていました。
コオロギ類もだいぶ大きくなっていたり、
虫の声も賑やかに、と一ヶ月でも季節の
変化が感じられました。

次回は未定ですが、好評だったのでまた
企画したいと思います。
タグ:行事情報
posted by スタッフN at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

保護区鳥情報9/3

2016年9月3日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
バン
クサシギ
オオタカ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ、ドバト
以上28種

1.夏も終わり秋の渡りの季節です。急に種数が増えました。
  クサシギ1羽(新浄化池)、キビタキ♀(保護区入口付近)。
2.バン若鳥2羽、今日も仲良く一緒に行動していました。(田の字池)
3.セグロセキレイ1羽(新浄化池)。
4.ハシブトガラスの群に追われるオオタカのすがた。(下池)
(スタッフK)

このほか最近はサシバ(1日)、トケンsp(ツツドリ?)などが
出ているようです。白化ムクドリは今のところ8/28と30日に
見られたきりのようです。
(スタッフN)
posted by スタッフN at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする