2016年08月31日

9月行事案内

2016年9月の観察舎行事予定です。
特記ない限り観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料

・1日(木)
 平日観察会 10時~12時 雨天中止
  毎月第1平日木曜開催。そろそろコガモ等がやってきている頃。
  台風一過で変な鳥が入っている可能性も。ナンバンギセルも探してみます。

・3日(土)
 昆虫観察会 9時半~11時半 雨天中止
  保護区内でバッタやカマキリ等を捕まえて観察します。定員20名
  持物:補虫網・虫かご・帽子・飲料 軍手・運動靴か長靴(サンダル不可)
  ※保護区内で採集したものは原則持帰ることはできません。

 ロシア鳥調査報告会 13時~15時 会場:行徳公民館第5研修室 定員30名
 「白夜のツンドラ 渡り鳥の故郷を訪ねて」話:佐藤達夫
  今年6・7月にロシア・レナ川河口のコクガン繁殖地での標識調査に参加した
  スタッフによる報告。現地で見られた鳥なども紹介します。

・24日(土)
 フィールドミュージアム「植物」 10時~12時半 雨天時翌日開催
  定員20名・参加費50円
  保護区内で植物調査を担当している友の会植物班のメンバーが指導・解説。
  様々な葉を採集して比べてみます。

 ボランティアデー 13時~15時半頃 雨天中止
  毎月第4土曜開催。スタッフと一緒に保護区管理作業体験。
  今回は稲刈りを予定(生育状況等により変更あり)

 夕暮れ観察会 16時半~18時半
  毎月第4土曜開催。日中とは少し違う顔を見せる日没前後の保護区を歩きます。
  鳴く虫の最盛期。マツムシやカンタン、カネタタキ、コオロギやキリギリスの
  仲間たちの奏でる音色を楽しみましょう。
  
毎週日曜・祝日
 定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止
  普段は入れない保護区の中を歩きます。冬鳥・旅鳥たちの姿が徐々に増える
  一方、ツバメなどの夏鳥たちは南へ移動していきます。台風後には思わぬ種類
  に出会うことも。草木は色づき始め様々な実が出てきます。

問合せ:野鳥観察舎 047-397-9046


タグ:行事情報
posted by スタッフN at 12:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

白化ムクドリ

8月28日、観察舎駐車場近くで白いムクドリが出たそうです。
DSCN0100s.jpg
写真撮影・提供:Iさん

本日29日は出ていないようですが、キビタキ♀タイプや
緑の国方向にハヤブサが見られたとのこと。

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

保護区鳥情報8/28

8/28の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
イソシギ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ドバト
19種

1.キジバトの羽が散乱していました(K5)。
  猛禽の食跡です。昨日、スタッフIがオオタカ若
  がキジバトを追いかけている姿を付近で見ています。
2.カワウが多いです、4300羽ほど。カワウコロニーの
  コントロール区間にもまんべんなく止まっていました。
3.北池にて、オオヨシキリの囀り。
  オナガガモ、ホシハジロの姿も。
(スタッフK)

DSCN2045.jpg
K5(竹のトンネルを抜けた辺り)に散らばっていた
キジバトの羽根(25日撮影)

DSCN2104.jpg
下北岬に集まるカワウ(27日撮影)
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

週末行事案内

今週末の行事予定です。夏休み行事はこれで一区切り。

8月27日(土)
・ボランティアデー 13時~15時半頃雨天中止
 7月に続き市川市夏休み体験ボランティア対象事業。
 保護区海岸部のゴミ拾いを中心に作業を行います。
 持物:飲料・(あれば)長靴・軍手

・夕暮れ観察会 16時半~18時半
 鳴く虫が賑やかな時期になっています。コオロギやキリギリス
 の仲間たちの鳴き声を楽しみましょう。

8月28日(日)
・定例園内観察会 13時半~15時半雨天中止
 普段は入れない保護区内を案内いたします。コガモがそろそろ渡って来る
 時期になりました。今年はオオタカ・ノスリが既に出現しています。

いずれも観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料
タグ:行事情報
posted by スタッフN at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

台風の置き土産

先日の台風の影響と思われる個体が野鳥病院に入所しています。

P8251901.jpg
コグンカンドリ(野鳥病院初記録)

DSCN2074.jpg
クロアシアホウドリ

DSCN2076.jpg
セグロアジサシ

いずれも外房の海岸で保護されています。外傷はありませんが
衰弱気味です。特にコグンカンドリはへたり込んでしまっています。

その他最近の入所では
P8251907.jpg
ミユビシギ(野鳥病院初記録)
入所当初はへたり込んで立てませんでしたが現在は回復。
明日26日に放鳥予定。
P8251902.jpg
ミユビシギは中部屋に囲いを作って隔離中(いじめられたり
エサを食べられてしまうため)。

DSCN2070.jpg
ミゾゴイ。盛んに威嚇してきます。

今月はコムクドリ・ミユビシギ・コグンカンドリと
野鳥病院初記録種が3羽も入所。本日の記事で取り上げた
他の鳥も入所例が一桁の種類ばかり。こんな月は珍しいです。


---------------------------------------------------------
image1.JPG
今月中旬頃より江戸川放水路で釣り糸の絡んだチュウシャクシギ
が見られているとの情報をいただきました。

動ける場合はなかなか捕まらないので、野鳥病院に持ち込まれるのは
衰弱が激しかったり手遅れだったりする個体の割合が多くなります。
釣り糸・釣り針がらみで入所する個体自体は少ないですが、なかなか
事故は減りません。放置された釣り糸や釣り針を見つけたら
ぜひ回収していただけるとありがたいです。


posted by スタッフN at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

21日のイベント

本日は台風が凄いですね。直撃コースは久しぶり。

昨日は日中降られることもなく、暑さに参るくらいの中
定例以外の観察会が3件でした。

江戸前干潟研究学校 10~15時
DSCN1907.jpg
DSCN1890.jpg

市川市主催カニ観察会 16~18時
DSCN1919.jpg

夜の生き物観察会 19~20時
(東京ガス環境おうえん基金の助成により実施)
DSCN1955.jpg
DSCN1960.jpg
DSCN2003.jpg

posted by スタッフN at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

保護区鳥情報8/21

2016年8月21日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ホシハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
イソシギ
カワセミ
コゲラ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ドバト
以上20種

1.新浄化池4系列のカルガモの親子、先週までは雛3羽
  でしたが今日は1羽しか確認できませんでした。
2.オオヨシキリの囀り、2件。(北池、築山)
3.チュウサギ6羽他、コサギ、ダイサギ、アオサギが
  刈りたての竹内が原に群れていました。
(スタッフK)
posted by スタッフN at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

21日行事

本日予定の夜の生き物観察会は降雨予報のため21日に順延としました。
明日も天気が崩れる予報です。各イベントに参加予定の方は雨具・着替え
等ご用意ください。本日の降雨で保護区内は長靴必須です。

○8月21日(日)
・江戸前干潟研究学校 10時~15時 雨天決行

・定例園内観察会 13時半~15時半 雨天中止

・市川市カニ観察会 16時~18時 雨天中止
 ※申込受付は終了しています。

・夜の生き物観察会 19時~20時半 荒天中止
 ※申込受付は終了しています。

タグ:行事情報
posted by スタッフN at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

今週末の行事

ここのところ保護区内でオオヨシキリの声がまた聞こえ出しました。
繁殖が終わった個体でしょうか。

DSCN1831.jpg
作業道具を置いてあるビニルハウス内にセグロアシナガバチが
営巣していました。

今週末は天気予報は今のところ悪いですが、イベント複数を開催予定です。
実施かどうかは電話にて観察舎までお問い合わせください。

○8月20日(土)
・友の会鳥類カウント調査 8時保護区入口集合
  保護区内で鳥の数を数えます。

・フィールドミュージアム「泥干潟ってどんなところ?」
 13時~16時 定員20名・参加費50円 講師:多留聖典さん
  トビハゼやカニなど泥干潟の環境を観察します。

・夜の生き物観察会 19時~20時半 大人200円・中高生100円
 (東京ガス環境おうえん基金の助成により実施)
 ※定員につき参加受付は締め切りました。
 夜の保護区で灯りに誘引される蛾などの虫や、タヌキ・アブラコウモリなどを
 探します。

○8月21日(日)
・江戸前干潟研究学校 10時~15時 定員20名
 池や海岸など保護区の水辺に仕掛けた網を回収し、捕れた魚やエビなどを調べます。

・定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区内を鳥や植物などを観察しながら歩きます。

・カニ観察会 16時~18時
 ※受付は既に終了しています(市川市主催)
 保護区にたくさんいるカニを観察します。

posted by スタッフN at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

ロシア調査報告会

今年6月14日から7月18日までの5週間、「雁の里親友の会」
とロシアの研究者との共同プロジェクトで北極海に面したロシア
のレナ川河口にあるコクガンの繁殖地で標識調査が行われました。
そこに参加したスタッフの報告会が開催されます。
ロシアで観察された野鳥なども紹介される予定です。どうぞお楽しみに

報告者:澤祐介(バードライフ東京)
    池内俊雄(雁の里親友の会)
    佐藤達夫(行徳野鳥観察舎友の会)

○8月21日(日)13:30~15:00谷津干潟自然観察センター
 主催:谷津干潟自然観察センター
 詳細は上記リンク先(谷津干潟HP)にて

○9月3日(土)13:00~15:00行徳公民館第5研修室
 『白夜のツンドラ 渡り鳥の故郷を訪ねて』
 定員30名・当日受付・参加無料
 主催:行徳野鳥観察舎友の会

DSCN1454.JPG

DSCN1691s.jpg
タグ:行事情報
posted by スタッフN at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

保護区鳥情報8/14

2016年8月14日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
セイタカシギ、イソシギ
トビ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ドバト
以上24種

1.スズメ、シジュウカラ、ハシブトガラスの
  ヒナ連れが目に付きます。
2.セイタカシギ2羽(親子)と、カルガモ3羽の
  ヒナ連れは今日も健在。(新浄化池)
3.チュウサギ2羽、セグロセキレイ1羽(新浄化池)。
4.ホシハジロ3羽、ハシビロガモ1羽。(北池)
(スタッフK)

12日にはノスリとサシバが観察されています。
ノスリはこの時期珍しい記録。その他オオジシギらしき
ジシギ類も見られています。
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

8/13虫の観察会

本日は二つの虫観察会を開催。

午前は恩田幸昌さんを講師に昆虫観察会。
DSCN1729.jpg
網と虫かごを手に保護区内を探検

DSCN1711.jpg
今年はセミがやたらとたくさん出ていますが、残念ながら
あまり捕獲はできませんでした。

DSCN1741.jpg
小島岬でバッタ類を探す参加者たち

DSCN1719.jpg
何が捕れたかな?
DSCN1751.jpg

それほど暑くもなく過ごせて一安心。前日の下見時には
あまりいなかったカマキリやショウリョウバッタの大きい個体
が結構捕れました。主な種類はオンブバッタ・ショウリョウバッタ・
ツチイナゴ・トノサマバッタ・エンマコオロギ・オオカマキリ・
ハラビロカマキリ・アブラゼミなど。

次回は9月3日(土)9時半~11時半予定です。

夜の部はセミの羽化観察会。昨年はなかなか見つからず
やきもきしましたが、今年は多数見られて一安心。

DSCN1781.jpg

DSCN1806.jpg
幼虫が地面から出てくるところも観察出来ました。

DSCN1795.jpg
DSCN1808.jpg

DSCN1810.jpg
何人かの方には野鳥病院横のカラスウリの花も
見てもらいました。

来週20日(土)の夜の生き物観察会では
保護区内の夜の観察を行います。定員まであと少し
余裕があるので申込はお早めに。

○夜の生き物観察会 8/20(土)19~20時半
参加費:大人200円・中高生100円・小学生以下無料
要申込・定員30名(小学生以上対象)
保護区内にライトトラップを設置し、灯りに誘因される
虫など夜の生き物たちを観察します。
持物:懐中電灯・虫除け

posted by スタッフN at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

明日は虫の観察会二つ

明日13日(土)は昆虫観察会とセミ羽化観察会を開催します。
今年はセミがやたらと多い保護区。どうぞ遊びに来てください。

○昆虫観察会 9時半~11時半 当日受付・定員20名
 持物:補虫網・虫かご・長靴

 保護区内でバッタやセミを捕まえて観察します。

 DSCN1688.jpg
 ショウリョウバッタ
 DSCN1691.jpg
 ツチイナゴ

○セミ羽化観察会 18時半~20時半 当日受付定員30名
 観察舎駐車場集合・参加費大人300円(18歳未満無料)
 持物:懐中電灯・虫よけ

 観察舎周辺で羽化するセミの様子を観察します。
 DSCN1590.jpg
posted by スタッフN at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

コムクドリ

今年は湾岸地域でコムクドリが多く見られているようです。
先月下旬の葛西鳥類園では100羽ほどが飛んでいたとか。
観察舎周辺でも先月からちらほらと観察されています。

多くいれば事故に合う個体も出てくる?ということで
本日野鳥病院に入所したのは中山競馬場で保護された個体。
P8111891.jpg
嘴の左側根元と左翼付け根付近に傷。野鳥病院初記録。
タグ:傷病鳥
posted by スタッフN at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

近況

今週末、13日(土)は虫の観察会2つを予定しています。

・昆虫観察会 9時半~11時半 当日受付定員20名・参加無料
 持物:帽子・飲料・虫かご・捕虫網
 講師:恩田幸昌さん
 DSCN1657.jpg
 保護区や観察舎周辺でセミやバッタを中心に
 虫を捕まえて観察します。
 ※保護区内で捕まえた生き物は持ち帰れません。

・セミ羽化観察会 18時半~20時半 観察舎駐車場集合
 当日受付・先着30名 参加費大人300円。18才未満無料
 持物:懐中電灯・虫除け
 DSCN1576.jpg
 駐車場から観察舎までの緑地で羽化するセミの
 姿を探して観察します。今年はセミが多いので
 たくさん見られるかと。(画像は8月5日撮影)


DSCN1660.jpg
本日から11日まで予定の東邦大ビオトープ実習。
観察舎休館中のため野外授業。ご不便をかけて
申し訳ないです。


DSCN1630.jpg
先週スタッフが準備していたのは風鈴の飾り台でした。
ちょこちょこと追加される予定。


posted by スタッフN at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする