2016年07月30日

保護区鳥情報7/30

2016年7月30日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、チュウサギ
バン
ウミネコ
カワセミ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
以上16種

1.梅雨明けしたようで、とても暑いですね、
  鳥の記録も大分少ないです。
2.新浄化池にカルガモの生後間もない雛3羽。
  私が近づいたせいでヒナたちは草むらの中に、
  一方、親鳥は溺れているような行動(偽傷)していました。
3.田の字池のカイツブリの雛は1羽のみでした。
4.バンの若鳥2羽、兄弟のようでした。保護区内で繁殖
  した可能性が有りますね。
20160730バン若.JPG
(スタッフK)

カウントには引っかかりませんでしたが、本日
クサシギ1羽が見られたとの事。
DSCN5400.jpg
(7/30スタッフY撮影)


DSCN1503.jpg
木に群がるサギ類

DSCN1512.jpg
水路にイガ栗が落ちていました。

DSCN1524.jpg
ジュズダマの花
(以上3枚7/30撮影。スタッフN)
ラベル:鳥情報 近況 植物
posted by スタッフN at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

保護区鳥情報

2016年7月25日の保護区鳥類調査結果です。

カルガモ、ハシビロガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ
セイタカシギ、オオジシギ
ウミネコ
ミサゴ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
以上24種

1.全体に種数が増加傾向、24種になりました。
2.サギ科はチュウサギ、コサギが久々です。
  セイタカシギと一緒にオオジシギもいました。
3.先週、孵化が確認された田の字池のカイツブリの雛は、
  1羽確認。そばに親鳥と、ほぼ親鳥大の若鳥がいました。
  このカイツブリは今季2回目の繁殖のようですね。
(スタッフK)

先週土曜(23日)にはアオアシシギの声も聞かれました。
ボランティアデーは小島岬のゴミ拾いを実施。プラごみを
中心に多数のゴミを集めてもらいました。(スタッフN)
DSCN1394.jpg
DSCN1406.jpg
ラベル:作業 鳥情報
posted by スタッフN at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

行徳野鳥観察舎に関する千葉県の方針について

先日答申の行われた千葉県の「公の施設に関する方針」が
千葉県HPに掲載されました。

公の施設の見直し方針について(平成28年7月)
「公の施設の見直し方針(平成28年7月)」(PDF:222KB)

観察舎については方針案から変わらず、
「検討施設に隣接する行徳湿地は、今後も県が管理を継続していくが、
野鳥観察舎については、広域的な利用の観点や老朽化等の問題から、
県施設として維持する必要性が低いため、廃止する方向で検討を行う。
なお、跡地の利用については、市川市と協議を行う。」
となっています。

この件に関するパブリックコメントは約1600件で観察舎はそのうち
約600件だったとの事。
公の施設の見直し方針(案)に関する意見募集結果について

公の施設の見直し方針(案)に対する御意見の概要と県の考え方(PDF:230KB)
 「行徳野鳥観察舎は、県民が自然に親しみつつ、野鳥の生態に触れる機会を
 県民に提供し、もつて県民の教養及びレクリエーシヨンに資することを目的
 として、昭和54年に設置されました。
 現在は、市川市及びその近隣の利用者の割合が多いことや耐震性が著しく不足
 している状況等を踏まえ、今後、大きな財政負担をしてまで県施設として維持
 する必要性は低いという判断の下、廃止する方向で検討を行うとしたところです。
  行徳内陸性湿地は、都市部に残された貴重な湿地、野鳥の生息地であり、これ
 までどおり、野鳥の飛来地、生息地、繁殖地として良好な環境の保全を実施して
 いくとともに、環境学習の場として行徳内陸性湿地の自然環境に触れる機会を引
 き続き提供してまいります。
  御意見については、これから市川市と跡地利用について協議を進めるに当たり、
 参考とさせていただきます。」
-------------------------------------------------------------

署名活動やパブリックコメント、意見書の提出など多くの方からさまざまなご支援
・ご協力をいただいております。どうもありがとうございます。このまま廃館と
しないためにも引き続き県・市川市に働きかけていきたいと思います。
今後も皆様のお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。
(スタッフN)
続きを読む
posted by スタッフN at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

トビハゼ巣穴調査

本日は保護区のトビハゼ巣穴調査を実施しました。
友の会も参加している「トビハゼ保全 施設連絡会」
で毎年この時期に各フィールドで行っているもので、
繁殖シーズンに巣穴数を数えて、生息状況の参考に
しようというものです。
( 葛西鳥類園での調査の様子はこちら)

P7200008.jpg
ウラギク湿地(岸側)

保護区では小島岬からウラギク湿地~セイゴ水道にかけて
を中心に調べています。
P7200024.jpg
吐き出した泥が出入り口周辺に散乱している典型的な巣穴
は少なく、トビハゼが出入りしてはじめて気づくような
穴がほとんでした。
P7200016.jpg
穴から顔をのぞかせるトビハゼ(中央付近)

P7200012.jpg
そんな調子で見落としが多いと思われますが、本日は
合計220個を確認しました。

ラベル:近況 作業 魚類
posted by スタッフN at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

観察舎夏休み行事

行徳野鳥観察舎の2016年夏休み行事予定
暑い時期です。帽子・タオル・飲料・虫よけは各自ご用意ください。
特記ない限り当日受付・参加無料・観察舎玄関前集合・雨天中止
申し込み・問合せ:野鳥観察舎047-397-9046

・7/23(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。7・8月は市川市夏休み体験
 ボランティア対象事業。保護区海岸部のゴミ拾いを中心に行います。
 参加証あり。
 P7256687.jpg


 夕暮れ観察会 16時半~18時半
 日没前後の保護区を歩きます。日中の暑さも一段落し、虫の声が
 増えてきます。

・8/4(木)
 平日観察会 10時~12時
 毎月第一平日木曜開催。干潟のカニやトビハゼ、ツユクサの青い花など
 を観察してみましょう。

・8/13(土)
 昆虫観察会 9時半~11時半 講師:恩田幸昌さん
 定員20名。観察舎周辺でセミや保護区内でバッタなどを捕まえて観察してみよう。
 持物:捕虫網・虫かご・帽子・飲料・タオル・虫よけ
 ※保護区内で採集した生き物は持ち帰りできません。 

 セミ羽化観察会 18時半~20時半
 先着30名・参加費大人300円(18歳未満無料)・観察舎駐車場集合
 長い地中生活を終え、地上生活を始めるセミの羽化する姿を観察してみましょう。
 持物:懐中電灯・虫よけ
 P8157257.jpg

・8/20(土)
 フィールドミュージアム「泥干潟ってどんなところ?」13時~16時
 先着20名・参加費50円 講師:多留聖典さん(東邦大学)
 保護区は全体的に泥っぽい環境。普通の干潟との違いは?トビハゼや
 カニなどを観察しながら泥の干潟を学んでいきます。
 P7026288.jpgトビハゼ

 夜の生き物観察会 19時~20時半
 小学生以上30名・要申込み(8/15締切)・雨天時翌日
 参加費大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 夜の保護区で灯りに引き寄せられる生き物を観察。
 持物:懐中電灯・飲料・虫よけ
 P8297558.jpg

・8/21(日)
 江戸前干潟研究学校 10時~15時
 先着20名・雨天決行
 保護区の水辺にしかけた網を回収して、魚やエビなどを調べます。
 持物:帽子・長靴・軍手・筆記用具・飲料・昼食
 午前・午後のみの参加も可

・8/27(土)第4土曜行事
 ボランティアデー 13時~15時半頃
 スタッフと一緒に保護区管理作業体験。7・8月は市川市夏休み体験
 ボランティア対象事業。保護区海岸部のゴミ拾いを中心に行います。
 参加証あり。
 
 夕暮れ観察会 16時半~20時半
 日没前後の保護区を歩きます。日中の暑さも一段落し、虫の声もにぎやか。
 晴天なら星空観察にも挑戦。

・毎週日曜・祝日
 定例園内観察会 13時半~15時半
 普段は入れない保護区の中を観察しながら歩きます。鳥は少ない時期ですが、
 虫やカニなど生きものはたくさん。気温等により短縮して実施する場合があります。
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

フィールドミュージアム「カニ」

今日はセイタカシギが8羽飛んでいました。

本日はフィールドミュージアム「わくわくカニっ子大作戦」
を開催。風はなかったものの曇天で比較的過ごし易い中での
活動でした。

P7170006.jpg
小島岬でコメツキガニ探し

DSCN1362.jpg
採集してきたカニ。クロベンケイガニが一番多くとれました。

DSCN1375.jpg
クシテガニ

DSCN1377.jpg
午後はとってきたカニの解説やカニと生活環境のお話。

DSCN1379.jpg
今回見られたカニと人気投票。ダンスする姿が可愛らしい
チゴガニが一番人気、甲羅のスマイルマークがウケた
アカテガニが次点でした。

次回フィールドミュージアムは8/20(土)13時~16時
「泥干潟ってどんなところ?」
(いつもと曜日・時間が異なります。注意)
どうぞよろしく。



posted by スタッフN at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

保護区鳥情報7/16

2016年7月16日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ
オオバン
セイタカシギ、イソシギ
コゲラ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
以上21種

1.セイタカシギの家族、若鳥1羽。(新浄化池)
2.先週まで抱卵中の田の字池のカイツブリ、
  巣上で親鳥の体に潜り込もうとしていました。
  雛は少なくとも2羽はいました。
3.カワウの雛の声はまだしています。(カワウコロニー900m付近)
(スタッフK)

DSCN1349.jpg
浄化池のセイタカシギ(16日撮影)
夕方にはコムクドリ3羽が見られたとのこと。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

週末行事案内

12日から保護区浄化池にてセイタカシギが成鳥2羽、若鳥2羽の計4羽でうろついて
います。近隣で繁殖した家族でしょうか。
DSCN1325.jpg
セイタカシギ成鳥
DSCN1327.jpg
セイタカシギ若鳥

160713_152109.jpg
シートの継目が剥がれて漏水していた水車池ゴムシート
の補修工事を実施(12・13日)

DSCN1312.jpg
ここのところ導流堤を草刈しているせいかキジが
ちょくちょく現れています。

さて、週末の連休行事のご案内。
・7/17(日)フィールドミュージアム「わくわくカニっ子大作戦」
 10時~15時・当日受付先着20名程度・参加費50円・雨天決行
 講師:柚原剛さん(東北大学)
 持物:軍手・長靴・飲料・昼食
 保護区には10数種のカニが生息しています。陸域~水際に多い
 ベンケイガニの仲間を中心にさまざまなカニとその生息環境
 について学んでみましょう。
 DSCN1284.jpg
 水路沿いのクロベンケイガニ

・定例園内観察会 7/17(日) 7/18(月)13時半~15時半
 毎週日曜・祝日開催。当日受付・参加無料
 普段は入れない保護区の中を案内します。繁殖期の終わった
 カワウやアオサギは若鳥の姿が目立ちます。干潟にはカニや
 トビハゼたち。草むらにはバッタが跳ね水辺をトンボが飛び
 かいます。暑い時期です。飲料・日除け等熱中症対策は
 しっかりと。
 ※天候・気温によっては時間を短縮して開催する場合があります。
posted by スタッフN at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

7月の江戸前干潟研究学校

昨日は江戸前干潟研究学校を開催。暑い中
多くの方にご参加いただきました。

P7100003.jpg
採集の様子

P7100005.jpg
長靴池でとれたモクズガニ。保護区内で見るのは珍しい。

P7100018.jpg
長靴池では今年度はまだ捕れていませんが(網の位置を学習した?)
百合ヶ浜で久々にウナギ。60cm越えが2匹にやや小ぶりな個体
2匹の計4匹。

DSCN1265.jpg
同じく百合ヶ浜の網でイカ。今年度は記録が増えています。

DSCN1272.jpg
今回はいつもと若干異なる方式で実施。淡水池は長靴池
のみとし、新規に小島岬と百合ヶ浜2か所の計3か所に
小網を設置。淡水流入の多い所とない所の比較を試みました。

淡水の混じる場所ではそうでない所と比べると種数個体数が
多い傾向がありました。

次回8月は21日(日)開催。どうぞよろしくお願いいたします。

posted by スタッフN at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

保護区鳥情報7/10

2016年7月10日の保護区鳥類調査です。

カルガモ、ホシハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
以上21種

1.若鳥が多いです。ムクドリ、ヒヨドリ、シジュウカラ、
  スズメ、ハシブトガラス、カイツブリ。
2.田の字池のカイツブリの抱卵は継続中の模様。そろそろ
  雛が孵るころだと思います。
3.オオヨシキリ。(柳島付近)
4.モズ、保護区入口にて高鳴きしていました。一昨日(7/8)
  にも上池でモズの記録があります。
(スタッフK)
9日には緑の国入口付近でコムクドリが、8日には長靴池でバンが
観察されています。コムクドリは近くの福栄公園付近でも見られて
いるようです。本日の野鳥の会探鳥会では北池でヨシゴイが出現。
先月も見られています。繁殖の可能性もあり?
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

タヌキ

P7010020.jpg
七夕が近いということで管理棟前に笹と短冊を設置中です。

梅雨明けしたかのような晴天が続いています。風通しが悪く
熱のこもりやすい禽舎や管理棟ではエアコン・扇風機がフル稼働中。
鳥より先に人がへばりそうです。

DSCN9584.jpg
本日15時過ぎ頃、野鳥病院前の丸浜川岸草むらにタヌキ2頭(親子?)
がいました。小っちゃい方は足腰が弱いのか、よろよろと
もどかしげに動いていました。


ラベル:哺乳類 近況
posted by スタッフN at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

保護区鳥情報7/2と近況

2016年7月2日の保護区鳥類調査です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
以上16種

1.スズメ、ムクドリ、シジュウカラの若鳥が家族で行動中。
2.北池のカイツブリの雛は声しか聞こえませんが、3羽
  くらいいそうです。田の字池のカイツブリは抱卵継続中。
3.カワウ・コロニーの雛の声は随分小さくなりました。
  そろそろ繁殖が終わる時期です。
(スタッフK)


千葉県へのパブリックコメント提出、多くのみなさまが実施
してくれました。どうもありがとうございます。
DSCN1195.jpg
保護区のトウネズミモチが花盛りを迎えています。

DSCN1205.jpg
DSCN1201.jpg
DSCN1203.jpg
雨上がり、クロベンケイガニがヨシに登っている
姿がよく見られました。(6月30日撮影)

DSCN1229.jpg
7月1日、観察舎脇で争っていたカナヘビ。

DSCN1234.jpg
同じく1日、行徳漁協さんから鳥の餌用に
コノシロをたくさんいただきました。

DSCN1223.jpg
7月1日福栄小学校4年生案内

DSCN1243.jpg
7月2日イオン市川妙典店チアーズクラブ案内

潮回りが良かったので干潟のカニを中心に観察。
子供達は暑い中元気いっぱいでした。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報 近況
posted by スタッフN at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

7月行事案内

2016年7月の観察舎行事予定です。
特記ない限り観察舎玄関前集合・当日受付・参加無料・雨天中止

・7日(木)平日観察会 10:00~12:00
 毎月第1平日木曜開催。

・10日(日)江戸前干潟研究学校 10:00~15:00 雨天決行
 保護区水辺で水生生物調査。定置網や手網にかかった魚やエビを調べます。
 ・定員20名・小学生以下は要保護者同伴・午前/午後のみ参加も可
 持物:帽子・軍手・長靴・昼食・飲料

・10日(日)定例新浜探鳥会  
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催
 10:00東西線行徳駅改札口前広場(北側)集合
 参加費200円(18才未満無料)・要昼食・雨天決行
 長短2コース。いずれも観察舎前にて解散
  ショートコース:駅から保護区へ直行。13:30頃解散
  ロングコース:江戸川放水路経由。15:30解散。別途バス代400円

・17日(日)フィールドミュージアム 10:00~15:00
 「カニカニ大行進」
 定員20名・当日受付・参加費50円・雨天決行

・23日(土)
 ボランティアデー 13:00~15:30
  スタッフと一緒に保護区管理作業体験。7月と8月は市川市の
  夏休み体験ボランティア事業。海岸部のゴミ拾いを行います。

 夕暮れ観察会 16:30~18:30
  日没前後の保護区を歩きます。虫の声も増えてきます。

・定例園内観察会 13:30~15:30
 毎日曜・祝日
ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする