2016年05月31日

保護区鳥情報5/31

2016年5月31日の保護区鳥類調査です。

キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
コチドリ
カワセミ
コゲラ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メボソムシクイ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
以上21種

1.メボソムシクイの囀り。
2.ムクドリ、スズメのヒナ連れ家族、サクラの
  木に群れていました。(湊池棚田付近)
3.オオヨシキリの囀りは1件だけでした。(北池)
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

ホトトギス

本日はホトトギスが鳴いていました。
DSCN9563.jpg
保護区では年1,2回の出現。移動途中に一休みといった
ところでしょうか。

DSCN0566.jpg
ボランティアデーは湊池棚田で田植え。赤米を田んぼ
一枚分に植えてもらいました。

DSCN0579.jpg
大部屋の床を人工芝と風呂マットに変更してみました。
野鳥病院は床材の試行錯誤中。コンクリートの床のままだと
足に負担がかかる(特に水鳥類)のでオガクズやワラを敷いて
いるのですが、購入金額や掃除の手間、衛生面等様々な
理由から鳥とスタッフにやさしい素材を現在探索中です。

DSCN0582.jpg
中部屋に収容中のハシボソミズナギドリ。

posted by スタッフN at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

ハシボソミズナギドリ

今年はハシボソミズナギドリの当たり年(彼らにとってははずれかも)
のようで、25日以降保護持ち込みや問合せが絶えません。野鳥病院
にはこの3日間で16羽が入所。内3羽を放鳥、3羽が死亡しています。

毎年この時期に県内外房沿岸部を北上していっていますが、
天候不順等で湾内や内陸部に入り込んで海岸に漂着したり
住宅街に不時着したりした個体が保護されます。
今年は2010年以来の二桁入所、2006年以来の20羽越えです。

湾岸地域や館山、銚子などでも多数見られているようです。


〇お知らせ
明日5月28日(土)のテレビ朝日スーパーJチャンネル(16時半〜18時)
17時頃から江戸前の海復活に関する15分くらいの特集コーナーが放映予定。
15日に開催した江戸前干潟研究学校の様子も取り上げられるかと。
posted by スタッフN at 17:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

保護区近況と週末イベント案内

甘い香りの花々もだいたい終わり、様々な実が熟してきて
います。

DSCN0530.jpg
丸浜川沿いのビワ。だいぶ色づいてきました。

DSCN0531.jpg
保護区内の桜の実。そろそろタヌキのため糞にも
現れる頃。

DSCN0532.jpg
観察路はどんどん草に覆われていきます。
画像は下池と旧淡水池の間の畦。

DSCN0540.jpg
遮水シートの補修工事に先立ち水を落としている
水車池。サギなど様々な足跡が。

DSCN0535.jpg
こちらはカルガモとコチドリあたりでしょうか。

DSCN0552.jpg
本日はトビが昼頃飛んでいました。だいぶ
尾羽がぼろぼろな個体。

野鳥病院にはハシボソミズナギドリが本日だけで
6羽入所。東京湾奥に一群がいるようです。
P5261764.jpg



○今週末の行事予定 いずれも観察舎玄関前集合・当日受付
5月28日(土)
・ボランティアデー 13時から15時半頃
 湊池棚田で田植えをします。保護区の水田は裸足での作業は
 出来ません。足袋やマリンシューズ、厚手の靴下2枚がさね等
 お持ちの方はご持参ください。

・夕暮れ観察会 16時半から18時半
 日暮れ時の保護区を歩きます。コウモリも探してみましょう。

5月29日(日)
・フィールドミュージアム 10時〜15時 雨天決行 参加費50円
 「町田池 〜ウナギ・アカテガニ・テナガエビ復活プロジェクト〜」
 震災後は外来種が優先している町田池水系。網や釣りで現在どんな
 生き物がいるのか捕まえて調べてみます。ウナギやカニ・エビ
 が生息する状態にするにはどうしたら良いか、皆で考えていきましょう。
 持物:帽子・長靴・軍手・昼食・飲料

・定例園内観察会 13時半〜15時半
 普段は入れない保護区内を観察しながら歩きます。カワウのヒナは
 どんどん大きくなっています。「さわやか自然百景」でも取り上げられた
 トビハゼや各種カニも見られますよ。





posted by スタッフN at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

保護区鳥情報5/22

2016年5月22日の保護区鳥類調査です。

キジ
ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
コチドリ
タシギ、キアシシギ、イソシギ
ミサゴ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
以上29種

1.シジュウカラの家族、若鳥(少なくとも)3羽を
  連れていたようです。(観察舎前)
2.枝(巣材)を運ぶアオサギの姿。(カワウコロニー)
3.キアシシギ3羽、タシギ1羽。
4.このところカラスが多くサクランボを食べている様子です。
  ミサゴ2羽の後を追うカラスたちの姿もありました。
(スタッフK)

DSCN0442.jpg
キアシシギ(保護区北の釜にて。21日撮影)

DSCN0426.jpg
この1週間はカラスが多く集まっていました。
19日夕方には100羽ほどが飛び交う姿も。

DSCN0471.jpg
トラクター小屋付近の水槽ではアカガエルが
上陸を始めていました(21日撮影)

○TV放映情報
5月23日(月) NHKBSプレミアム11:05〜11:20
5月26日(木)NHK15:45〜16:00

5月28日(土)TV朝日 16:30〜18:00
 17時前後頃に先日の江戸前干潟研究学校などの
 様子が流れる予定。
(スタッフN)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒナ続々

昨日野鳥病院中部屋にカルガモのヒナがデビュー。
DSCN0522.jpg
さっそくコリンウズラが親代わりとなって
寄り添っています。毎年カルガモのヒナが
来ると面倒を見たがるのですが、彼らの
習性なんでしょうか?(以前いた別個体も同じでした)

DSCN0523.jpg
ムクドリのヒナは羽根も増え鳥らしくなってきました。

posted by スタッフN at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

シマアカモズその後

昨年12月に観察舎前の水路(通称丸浜川)下流部に現れた
謎のモズ。シマアカモズだという噂が広まり、人の近くまで
寄って来ることもあり多くのカメラマンで賑わっていましたが、
5月8日を最後にどこかへ飛び去ったようです。

初認日から撮影していた常連カメラマンのNさんより
画像をいただいたので公開します。
1201DSCN3647.jpg
2015年12月1日。この日が初認。
0127DSCN6773.jpg
2016年1月27日。 小さいハチなど様々な虫をとっていたそうです。

0219DSCN4686.jpg
2月19日。背景は河津桜。

0306DSCN9352.jpg
3月6日。3月4月には「落鳥するかも」という声もありました。

0501DSCN1800.jpg
0501DSCN1898.jpg
5月1日。きれいに換羽している。

0506DSCN3123.jpg
5月6日。渡去直前。本当に近くまで寄って来ていたようです。

5ヶ月と長い間滞在していましたが、来シーズンもやって
来るかな?
タグ:近況 鳥情報
posted by スタッフN at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ヒナは拾わないで

春から夏にかけては多くの野鳥が子育てするシーズンです。
毎年この時期にはヒナを保護したという多くの問合せや
野鳥病院への持ち込みがあります。

今年もGW頃からヒナの入所や問合せが増えてきました。
P5181749.jpg
ムクドリ

P5181750.jpg
イソヒヨドリ

P5181751.jpg
カルガモ

この時期ヒナは事故や外敵、天候等により巣から出てしまったり、
巣立ってもすぐには上手く飛べないことが多く路上等で
保護されることが多いのですが、多くの場合近くに親鳥が
居てヒナの世話をします。慌てて保護する前にまずは周囲の
様子を良く見て、危険な場合は近くの安全な場所に置いて
上げてください。触ったことによる人のにおいを親鳥が気にする
ことはありませんし、2,3日なら親鳥もヒナを探します。

ケガや衰弱している等やむを得ない場合は野鳥病院で収容しますが、
戻せそうな場合や巣の違法撤去等の場合はお持ち帰りいただいています。

一度に10羽前後卵を産むカルガモも、無事成鳥になれるのは数羽です。
野外で生きていく上で人が介入することが必ずしもその鳥のために
なる訳ではありません。ヒナを保護する前にもう一度よく考えて。

・ヒナをみつけた(日本野鳥の会)

・野鳥の子そだて応援キャンペーン(日本野鳥の会)
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/

・ヒナが落ちていたら・・・(日本鳥類保護連盟)

posted by スタッフN at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

保護区鳥情報5/16

2016年5月16日の保護区鳥類調査です。

ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン、オオバン
コチドリ
タシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ
コアジサシ
チョウゲンボウ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
ツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ドバト
以上29種

1.チョウゲンボウがトカゲ(かな?)をくわえて旋回していました。(丸浜川上空)
2.北池では、すっかりヒメガマが成長してアオサギの巣はほとんど
  見えないのですがジッジッ・・・と雛の声がしました。
3.セッカの囀り。(百合池、田の字池)
4.チュウシャクシギ、キョウジョシギ、キアシシギ、タシギ。
  久しぶりにシギ科をたくさん記録しました。
5.ハシブトガラスとムクドリが多いですが、サクラの実をついばんでいるようでした。
6.コアジサシが小島岬付近でダイビング(採餌)していました。
(スタッフK)

160515_155514.jpg
5月15日には浄化池でアマサギ。

15日開催の江戸前干潟研究学校では
P5150006.jpg
タイワンガザミとチチュウカイミドリガニ

P5150018.jpg
イシガレイ(左の2匹)とマコガレイ(右側)
などが出ました。
タグ:近況 鳥情報
posted by スタッフN at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

NHK「さわやか自然百景」

5月第4週のNHK「さわやか自然百景」
「東京湾 三番瀬・行徳湿地」がテーマです。
保護区で撮影されたトビハゼやアオサギの営巣の様子
などが見られることと思います。お楽しみに。
 
5月22日(日)NHK7:45〜8:00
5月23日(月) NHKBSプレミアム11:05〜11:20
5月26日(木)NHK15:45〜16:00

P4240015.jpg
小島岬でコメツキガニを撮影していた取材スタッフ(4月24日)
タグ:告知
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする