2015年12月31日

良い年を

結氷はおろか降霜もないまま12月が終わります。
やはり暖冬なのでしょうか。

27日の最終開館日以降は観察舎・野鳥病院の大掃除
で終わりました。まだ仮設禽舎が残っていますが・・・

2015年は突然の観察舎無期休館で終わってしまいました。
来年も波乱の年になりそうですが、引き続きどうぞ
よろしくお願いいたします。

DSCN9018.jpg
観察舎玄関前の装飾。31日に増殖しました。


元旦の行事ですが、観察舎は利用不能のため早朝開館は中止です。
6時40分からの園内観察会(日本野鳥の会東京のYoung探鳥会)は
予定通り開催。参加費200円(18歳未満無料)。保護区に入り
導流堤上から初日の出を見た後に観察会となります。ご注意ください。

市川市の初日の出は6時50分ですが、観察舎正面付近では
塩浜の倉庫群の屋根から上るので6時59分頃が日の出(快晴時)です。

トイレは福栄公園が最寄の公衆便所となります。緊急時はスタッフ
まで声をおかけ下さい。
posted by スタッフN at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

観察舎休館関連

野鳥観察舎の休館に関していろいろと
応援や支援のメッセージ、あるいはお問い合わせ
を多数いただいています。聞かれる事の多い
事項をまとめてみました。

Q1:なんで休館なの?
A1:観察舎建物の耐震強度不足のためです。
 2015年夏の耐震診断の結果、基準と比べかなり数値が
 悪いため、利用者の安全確保のため2015年12月28日
 から無期休館となりました。

Q2:いつ再開するの? 補強工事や建替えはするの?
A2:わかりません。
 千葉県は行政改革審議会において公の施設の見直しを
 進めており、野鳥観察舎については廃止の方向で検討
 となっています。この答申の結果が出てからの判断と
 なります。
→千葉県行政改革審議会 平成27年度第2回概要
 資料2-3のPDFに観察舎の項があります。
→(2016年1月9日追記)
 平成27年度第3回(1月19日開催)にて観察舎の審議が
 行われるとの事。 
 (2016年1月22日追記)
 新聞報道・傍聴者によると1月19日の結論は
 「県の施設としては廃止せざるを得ない」
 「現行の建物 は解体するのが適切」
 「解体後について、県と市川市で協議を進めてほしい」
 との事で、継続審議となっているそうです。
 (2016年7月23日追記)
 県の方針が告知されました

Q3:観察舎以外はどうなるの?
A3:継続して活動いたします。
 野鳥病院や保護区管理業務、保護区観察会・緑の国
 は今まで通りです。駐車場も利用可能です。観察舎
 の建物のみが(1階ポーチやトイレも)利用できません。
 団体利用等についてはご相談ください。

Q4:トイレはどうなるの?
A4:2016年3月23日より野鳥病院前に仮設トイレを設置しました。
   普段はこちらをご利用ください。(夜間早朝は施錠しています)
  IMGP7393.JPG
 近隣の公衆トイレは 福栄公園(24時間)か福栄スポーツ広場
 (9-17時・毎月最終月曜休)が最寄となります。いずれも観察舎
 より徒歩約10分。

 間に合いそうにない場合や行事等参加者は管理人棟のトイレ
 または観察舎のトイレを使えます。
 普段は施錠しているのでお近くのスタッフまで声をおかけください。

Q5:職員はどうなるの?
A5:野鳥病院隣の管理人棟に移って業務を継続しています。
   観察舎清掃担当のシルバー人材センタースタッフは派遣終了です

Q6:何か支援したいのだけど、どうすれば?
A7:千葉県へ声を届けてください。
 まずは皆さんの意見を千葉県へ伝えてください。

 利用者有志による署名活動も始まっています。
 ・行徳野鳥観察舎を愛する者
  早期再開を要望します!(change.org web署名)


休館中は色々とご不便やご迷惑をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いいたします。
続きを読む
posted by スタッフN at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 利用案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

保護区鳥情報12/28

2015年12月28日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ
ヘラサギ
オオバン
タシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ノスリ
カワセミ
チョウゲンボウ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
42種

1.冬の深まりとともに鳥は全体的に減っている感じです。
2.少数派のホオジロガモ1羽、スズガモの群に混ざって
  いました。
3.ヘラサギは滞在中。
4.カワウの声(ディスプレイ)がよく聞こえます。
5.猛禽は多いですね。今日も食跡と思われる羽が散乱
  していました。スズガモ かな。(竹内ヶ原観察壁)
(スタッフK)

posted by スタッフN at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

観察舎最終日

観察舎の開館最終日。午前中は多くのお客様で賑わっていました。
DSCN9005.jpg

DSCN9007.jpg
豚汁・汁粉提供

DSCN9008.jpg
1階視聴覚室では各回15分ほど、蓮尾純子が観察舎の歴史
を語ります。13時・14時・15時の回もお楽しみに。

13時半からは定例園内観察会も実施します。

ヘラサギは残念ながら22日を最後に観察記録が止まってます。
どこかに飛んで行ってしまった模様。
13:15追記。ただいまウラギク湿地にやってきました。

18:10追記
観察舎最終日、無事終了いたしました。
本日の来館者は567名。懐かしい顔ぶれもちらほらと。
DSCN9013.jpg
DSCN9015.jpg
DSCN9017.jpg

観察舎は本日で終了ですが、野鳥病院・保護区・観察会は
引き続き活動いたします。駐車場も利用可能ですので
今後もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by スタッフN at 12:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

26日

本日は晴天の下多くの来館者で賑わいました。

PC260008.jpg
しめ飾り作りは予想を超える人出で、最終的に
100名の参加者となりました。当初は混雑と混乱で
お集まりの皆様にはご迷惑をおかけしましたが、
無事それぞれの飾りを作る事が出来ました。

PC260014.jpg
観察舎用は今回リースタイプを作成。

PC269064.jpg
午後のボランティアデーは外周部管理通路上に
たまった落ち葉と土を掃除。放って置くと夏場に
植物が繁茂して通行不能になるので、あらかじめ
除去しておこうという意図です。
今回は参加者の頑張りで予想より長い区間を
終える事が出来ました。
PC269069.jpg


PC260012.jpg
玄関前のボードには様々なメッセージを
寄せていただきました。

閉館間際には思わぬ来賓もあり、賑やかな
一日でした。いよいよ明日は最終日。
企画もありますのでどうぞ観察舎へ
お越しください。
タグ:近況
posted by スタッフN at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

最後の週末

いよいよ観察舎の開館日も後2日となりました。
年内最後のイベント案内です。いずれも参加無料。
どうぞこの機会に観察舎へお越しください。

〇12月26日(土)
・公開講座「しめ飾り作り」 10時〜12時
 当日受付・先着50名
 保護区でとれた稲ワラを使って正月飾りを作ります。
 三人一組でワラをねじり、リースタイプの飾りを仕上げます。
 毎年牛蒡締めを作られる方もいます。
 PC230233a.jpg
 DSCN0251s.jpg

・ボランティアデー 13時〜15時半頃
 スタッフと一緒に保護区の管理作業体験。今月は保護区外周部
 管理通路の整備(たまった土や落葉かき)を行います。

・夕暮れ観察会 16時〜18時
 日没前後の保護区を歩きます。暗い水面で採食するカモたちの
 シルエットや夜空の星を探してみましょう。

〇12月27日(日)
・古参スタッフが語る観察舎の歩み
 10時・11時・13時・14時・15時 各回約20分・1階視聴覚室
 当地での野鳥保護活動を開始し、保護区が出来てからは管理人
 として観察舎と共に過ごしてきた職員蓮尾純子が観察舎の歴史や
 経緯をお話しします。

・観察舎へのメッセージ 1階玄関前
 用意したパネルやノートにあなたの思いをどうぞ。

・豚汁・汁粉配布
 11時頃より2階にて。品切れの際はご容赦下さい。

・定例園内観察会 13時半〜15時半
 休館後も観察会は実施しますが年内はこの日が最後となります。
 次回は1月10日(日)開催。 

タグ:行事情報
posted by スタッフN at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

CCC CCC2015無事終了

2015年のCCC( クリスマス・コーモラント・カウント)が
無事終了しました。

今年は保護区を出た1500羽の群れの内、旧江戸川・江戸川・新中川を
さかのぼっていく集団を捕捉することが出来たようです。最終的な採餌場所
はつかめませんでしたが、おおむね保護区から出て行った集団は各所で
観察できたようです(当日保護区にねぐら入りしたカワウは約1900羽)
PC239047.jpg

明日24日木曜は観察舎は休館日となります。
25日金曜は開館。お間違いのないようご注意下さい。
タグ:行事情報
posted by スタッフN at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

保護区鳥情報12/21

2015年12月21日の保護区鳥類調査の結果です。

オカヨシガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
ヘラサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
46種

1.ツグミの姿がよく目に付くようになりました。
2.ヘラサギ、滞在中。
3.少数派のセグロセキレイ1羽、タヒバリ1羽(新浄化池)、
  ウミアイサ3羽 (海上)。
4.カモ類が全般的に少ないようです。特にオナガガモが
  少ないですね。がん ばっているのは海上のスズガモ83羽
  と北池のホシハジロ72羽。

PC199033.jpg
ここ数日ノスリが導流堤上に降りている姿が
見られています。画像は19日撮影。
昨日はユリカモメを襲うも狩り失敗。落とした
魚のアラ(カモメ類給餌用)をつまんでいたとか。
(スタッフN)

タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

放鳥オオハクチョウその後

2010年11月に野鳥病院から標識放鳥したオオハクチョウ。
翌年に松戸市21世紀の森公園で観察され、昨シーズンは
白井市で滞在していました。

今冬は若鳥2羽連れの家族で白井市にやってきたという
嬉しいニュースを頂きました。


20151216_オオハクチョウ足環15A-00398_DSC_8347_3110 (14).jpg
中央で寝ているのが放したオオハクチョウ
20151216_オオハクチョウ足環15A-00398確認_足環の拡大DSC_8347_3110 (44)600.jpg
足環アップ
(画像はいずれもアニマル千葉ちばさま提供)

放した傷病鳥が健在で、繁殖にも成功しているというのは
非常に嬉しいニュースです。今後が楽しみですね。

posted by スタッフN at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

12月19日(土)公開講座「鳥インフルエンザ」

開館最終日までの行事案内です。

〇12月19日(土)公開講座「鳥インフルエンザ」10-12時
 定員30名・参加無料
 今年もインフルエンザの季節がやってきました。昨今話題の
 鳥インフルエンザはどんな病気?鳥を見たり触ったりしたら
 人にも感染するの? そんな疑問にもお答えします。まずは
 正しい知識を身につけましょう。

〇12月20日(日)定例園内観察会 13時半-15時半

〇12月23日(水・祝)
 ・CCC(クリスマス・コーモラント・カウント)2015
  早朝調査とクリスマス会は要事前申込。 詳細はこちら
  
  早朝採食場所調査6-9時
  野鳥病院見学会11時〜・13時〜
  講演「世界のウ類」14時〜15時
  クリスマス会 18時〜(行徳駅前公園研修室)

○12月24日(木)休館日
○12月25日(金)通常開館
※いつもと休館日が異なっています。ご注意を。

〇12月26日(土)
 ・公開講座「しめ飾り作り」10-12時
  当日先着50名・参加無料 持物:軍手・ハサミ
  保護区産の稲わらを使って正月用のしめ飾りを作ります。

 ・ボランティアデー 13時-15時半頃
  スタッフと保護区の管理作業体験。

 ・夕暮れ観察会 16時-18時
  日没前後の保護区を歩きます。水面に採餌に出てきたカモや
  星空観察など。

〇12月27日(日)
 ・定例園内観察会 13時半-15時半
 最終開館日となります。イベントというほどではありませんが、ちょっとした
 ことを企画中。
タグ:行事情報
posted by スタッフN at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする