2016年12月06日

フィールドミュージアム特別編「海苔」

今日はフィールドミュージアムの番外編ということで
福田海苔店の福田武史さんに昔ながらの海苔漉きを
指導してもらいました。

本日は風がやや強かったものの、良く晴れて
ちょうどよい天気の中行いました。

DSCN3336.jpg
当日引き上げてきた海苔網
DSCN3345.jpg
成長した海苔

DSCN3360.jpg
刻んだ海苔を水と一緒に簀に流し込み
DSCN3367.jpg
枠を外して
DSCN3363.jpg
水を切ります。
DSCN3374.jpg
海苔簀ごと天日干し
DSCN3352.jpg
海苔は直接太陽には当てないのがポイントとの事。

DSCN3381.jpg
2時間ほどすると完成。乾いた海苔が
海苔簀からはがれていくパチパチという
音が聞こえます。
https://youtu.be/EBcq9gIu18E


4日(日)の巣箱かけは5組12名が参加。
丸浜川沿いの通路に11個を設置しています。
来春利用してくれるか楽しみです。
DSCN3385.jpg
設置した巣箱(一部画像を加工しています)


15時頃、保護区にコハクチョウとみられる
15〜20羽ほどの白鳥が降り立ったそうです。
保護区ではハクチョウ類は数時間の滞在で
飛んでいってしまうことが多いのですが
今回はどうでしょうか。観察舎からだと
動きも追いやすいのに休館中なのが残念。
posted by スタッフN at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ヘラサギ

本日11時頃観察舎前の導流堤にヘラサギが降り立ちました。
DSCN3289.jpg
DSCN3278.jpg
DSCN3305.jpg
昨年は10月末から3ヶ月弱逗留していましたが、
今年はどうでしょうか。


posted by スタッフN at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

保護区鳥情報12/3

2016年12月3日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
アカハラ、ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
ドバト
43種

1.9時半頃、カワウコロニーのカワウが一斉に
  飛んでいきましたが、コロニーにはほとんど
  いなくなってしまいました。例年ですとこの
  時期繁殖の始まる時期なので居残る個体もいて
  ディスプレイなどで盛り上がり声もよく聞こえる
  のですがシーンと静まり返っていました。
2.カモ科がさらに少なくなっています。スズガモは
  18羽、もっとも多かったのはコガモの39羽。
3.観察舎前での給餌制限のためか、カモ科、オオバン、
  カモメ類など、集まっている鳥が少ない。
4.猛禽は多いです。ほぼフルメンバーです。
(スタッフK)
タグ:鳥情報
posted by スタッフN at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

野鳥病院での鳥インフルエンザ対応について

DSCN3257.jpg
丸浜川沿いで河津桜が計3輪咲いていました。先週の降雪
の影響で狂い咲いたのでしょうか。
-------------------------------------------------------------

野鳥病院では収容鳥への感染を防ぐため以下の対応とさせて
いただきます。ご理解とご協力をお願いいたします。
■野鳥病院・保護区に出入りする場合は入口の靴底消毒槽を
 踏み込んでください。
■傷病鳥(鳥インフルエンザリスク種)について
・傷病原因が明らかな個体のみ受け入れます。
 (骨折、出血等の外傷・衝突現場を見た・ガラス等に衝突痕があるetc)
※鳥インフルエンザ発生状況によっては「リスク種全て受け入れをしない」
 となる可能性もあります。


・原因不明の個体(衰弱・神経症状等外傷のない場合など)は受け入れません
※発見場所に置いておくか、近くの水辺(水鳥の場合)に放してください。
※多数が死んでいる・衰弱している場合は県または市町村にご連絡ください。

●鳥インフルエンザリスク種(レベル1〜3含む。県内生息種のみ記述)
カモ類・カイツブリ類・クイナ類(バン・オオバン等)・サギ類
カモメ類・猛禽類(タカ・ハヤブサ・フクロウ)・カワウ
※これ以外の種類については今まで通り対応いたします。

■水路餌場での給餌は休止いたします。


こちらもご参照ください
「野鳥における鳥インフルエンザについて:千葉県」
http://www.pref.chiba.lg.jp/shizen/choujuu/toriinfluenza.html

posted by スタッフN at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

12月行事予定

2016年12月の野鳥観察舎行事等予定です。

特記ない限り観察舎玄関前集合・当日受付・雨天中止・参加無料

・1日(木)平日観察会 10時〜12時

・4日(日)巣箱をかけてみよう 13時〜16時 要申込
 対象:小学生以上の子供とその保護者 先着10組 
 参加費:大人200円・中高生100円・小学生以下無料
 内容:巣箱(1組につき1個)を仕上げて樹木に取り付けます。
 DSCN9821.jpg
 (ちば環境再生基金助成行事)

・6日(火)フィールドミュージアム 10時〜13時半頃 曇天・雨天時翌日順延
 「少数派のためのMy海苔作り教室〜マイノリティーチング〜」
 参加費:500円
 講師:福田武司さん(福田海苔店)
 東京湾で収穫した海苔を使っての海苔漉き体験。
 20.jpg
 21.jpg
 (以上2点の画像は講師の福田さん提供)

  10時東西線行徳駅改札口出て左側の広場集合
 日本野鳥の会東京・千葉県野鳥の会・行徳野鳥観察舎友の会共催。
 参加費200円(18歳未満無料)・要昼食・雨天決行
 直接保護区に向かうショートコース(13時半頃解散)と江戸川放水路
 経由のロングコース(15時半頃解散・別途バス代400円)があります。
 解散はいずれも観察舎前。※天候等によりショートコースのみになる
 場合があります。

・24日(土)第4土曜行事
  ボランティアデー 13時〜15時半頃 スタッフと保護区管理作業体験
  夕暮れ観察会   16時〜18時   日没前後の保護区を歩きます。

・25日(日)しめ飾り作り 10時〜12時 当日受付・定員先着75名
  保護区で収穫した稲わらを使って正月飾りを作ります。
 PC230233a.jpg
 しめ飾り.jpg

・定例園内観察会 毎週日曜・祝日 13時半〜15時半

※毎年12月に開催のCCC(クリスマス・コーモラント・カウント)は
 2017年1月22日(日)を予定しています。

申込・問合せ:野鳥観察舎 047-3.97-9046
タグ:行事情報
posted by スタッフN at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする