2018年04月17日

葛西鳥類園にて

葛西臨海公園内の鳥類園にて今年度から
水生生物調査を始めるということで、プレ調査に
お邪魔してきました。


鳥類園の上の池・下の池上流部・下の池下流部
の3カ所に小型網を丸一日設置して採集された
生き物を記録する、と江戸前干潟研究学校と
同じ方法です。
DSCN9243.jpg
下の池出口付近の網

DSCN9254.jpg
網内の生き物を選り分け中

DSCN9253.jpg
上の池の網にはスッポンが1匹居ました。
その他クサガメ6匹に大きなウシガエル1匹も。

DSCN9258.jpg
今回捕れた生き物の一部はGWに水槽展示されるそうです。

今回採集の主なものは
アシシロハゼ・マハゼ・チチブ・ボラ・スズキ
シラタエビ・ユビナガスジエビ・タカノケフサイソガニ
マメコブシガニなど。イシガレイも稚魚が1匹。

種類は行徳で見られているものと変わりませんが、
アシシロハゼやタカノケフサイソガニが多く、
シラタエビも行徳より大きめなど違いがありました。

今後は市民も一緒に参加できるイベントとしても
開催したいとのこと。楽しみですね。
(スタッフN)
ラベル:近況
posted by スタッフN at 14:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

本日のフィールドミュージアムは中止

本日予定のフィールドミュージアムは雨天決行と
ご案内しておりましたが、ちょっと風雨が強すぎるので
開催中止といたします。

担当スタッフは定刻通りに観察舎に居るので
「どうしても今回の内容が気になる」
「10時には雨が弱くなっていそうだ」
という場合はお越しいただいても大丈夫です。
ご無理の無いようよろしくお願いいたします。
posted by スタッフN at 07:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

保護区鳥情報4/14

2018年4月14日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
バン
オオバン
コチドリ
イソシギ
ユリカモメ
トビ、オオタカ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
セッカ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ、シメ
アオジ、オオジュリン
ドバト

37種

1.カワウコロニー1,000~1,100mあたりのアオサギの巣に
  雛1羽の姿が見えました。
2.セッカのさえずりが聞かれるようになりました。
3.ハシビロガモが南極島付近に80羽以上も集まっていました。
  今季最大数です。
4.カワウの巣が先週は1256個と今期最大でしたが、今日は空いて
  いる巣もちらほら見えて986個とずいぶん減りました。先週は
  とても風の強い日もあり(11日でしたか)、風で落ちた巣もかなり
  あったのかもしれません。
(スタッフK)

DSCN7533.jpg
保護区浄化池の畦にカワウの卵が点々と。
どうやらカラスの仕業のようです(13日)

DSCN9185.jpg
ショウブの花とヒメオドリコソウ(7日)
posted by スタッフN at 22:22| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

保護区近況4月第2週

先週刈り倒した観察路のハルガヤが乾燥していい香りを
漂わせています。日に日に緑色が増えていく保護区。
ヨシやヒメガマ、イタドリはにょきにょきと伸びてきています。
草刈シーズンの到来です。

DSCN9204.jpg
クロマツの花。てっぺんの赤いのが雌花、
根元に付いているのが雄花。
DSCN9206.jpg
花粉でクモの巣が黄色くなっていました(11日)

DSCN9168.jpg
DSCN9212.jpg
トウジュロの花が開きつつあります(12日。上画像は7日)

DSCN9230.jpg
ユリカモメ。全体的な数は減りましたが
頭の黒くなった個体が増えてます(12日)。


DSCN7483.jpg
10日にチュウサギが今シーズン初認。

本日は9時頃コゲラのドラミングが
観察舎前の通路沿いで聞かれたそうです。
オオタカも飛んでいたとのこと。

ムクドリ・カルガモ・キジバトなど2羽で
行動していたり、巣材を運ぶ姿もよく見ら
れています。

田植えに向けての準備も開始。種籾を水に浸け
湊池棚田の畦を草刈。今月のボランティアデー
は堆肥運びになるかな。

ラベル:植物 近況
posted by スタッフN at 22:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

保護区鳥情報4/7

2018年4月7日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
コチドリ
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ、ツグミ
スズメ
カワラヒワ、シメ
ホオジロ、アオジ
ドバト
37種

1.強風のためでしょうか小鳥類は少な目でした。カワウの巣は
  若干落ちているところもある様子ですが、全体としては少し
  増えて1260個ほどでした。
2.シジュウカラが保護区入口で巣を作っています。数分おきに
  巣材を運び入れていました。かなり大きな枝を上手に運び
  入れていました。シジュウカラが保護区近辺での確実な営巣
  の確認は初めてです(※)。うまく成功するといいですね。
3.昨年度までアオサギが巣を作っていた北池ですが、先週辺り
  からアオサギが集まっています。今日は10羽が北池真ん中
  ほどのヒメガマ群落に降りていました。
(スタッフK)
S02_20180407.jpg
S01_20180407.jpg
保護区入口で営巣中のシジュウカラ(7日)

※丸浜川沿いの通路に設置された巣箱に
 シジュウカラが出入りしている姿は
 昨春に観察されています。昨年12月に
 巣箱内を確認したところ数個で巣材が
 見られました。繁殖に至るまではいか
 なかった模様。(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:21| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする