2021年01月25日

近況1/25

先週末の雨は久しぶりのまとまった降水でした。
カラカラに乾いていた旧淡水池は中央部のシート埋設部まで
水がつきました。
DSCN8879a.jpg

DSCN8787.jpgDSCN8788.jpg
1/11時点。



DSCN8882.jpg
堆肥置場付近でオオイヌノフグリが開花していました。



DSCN8877.jpg
本日はあいねすと前の丸浜川岸に生えた樹木の
伐採作業がありました。
KIMG1454.jpg
野鳥病院前がすっきりしました。
ラベル:近況
posted by スタッフN at 17:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

保護区鳥情報1/22

2021年1月22日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
チュウヒ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
ハクセキレイ、タヒバリ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
ドバト
38種

1.カワウの雛の声が聞こえました。カワウの巣材集め、ドブ池畔に
  集まっていてきれいに草刈りしたよう。
2.猛禽の記録は少ないものの、食跡は所々に。
 (コガモ雄、キジバト2か所など羽が散らばっていました…)
3.竹内ヶ原の土をひっくり返した後には今日もムクドリ60羽ほど、
  ツグミ10羽ほど、ハクセキレイ、タヒバリなど集まっていました。
(スタッフK)

DSCN3000.jpgDSCN3001.jpg
作業中の竹内ヶ原に集まるムクドリ(22日)

DSCN2667.jpgDSCN2668.jpg
同17日


DSCN8845.jpg
22日午後、欠真間三角でタシギが居ました(計4羽)

DSCN8871.jpg
猛禽に補食されたコガモの羽根(カニルート)

DSCN8832.jpg
昨秋から狂い咲きしているので開花日がはっきり
しませんが、丸浜川沿いの河津桜もつぼみの
ふくらみが大きくなってきました。
(スタッフN)

ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:10| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

シマヘビ

KIMG1450.jpg
本日あいねすと前の通路下で日向ぼっこしていたシマヘビ。

常連さんによると最近ちょこちょこ見られているようです。
通路の石垣の隙間に潜んでいるらしく、寒い日は顔だけ
出しているとか。

こんな時期には何を食べているのでしょうね。

ラベル:爬虫類
posted by スタッフN at 16:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

保護区紹介動画冬編開始

観察会休止中につき、スタッフのヤマタクによる保護区紹介動画を再開。


ラベル:動画
posted by スタッフN at 16:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

保護区鳥情報1/17

2021年1月17日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、オナガガモ、コガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
イソシギ
トビ、チュウヒ、ハイタカ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
アカハラ、ツグミ、ツグミ属sp.、ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
ベニマシコ
アオジ、オオジュリン
38種

1.カワウの巣は800巣ほどになりました。
2.ノスリは複数羽(3羽?)いました。
3.カモメ類はいませんでした。カモ類もとても少ないです。
  お隣の鴨場の職員の方のお話では、カモ類が今年とくに
  少ないことはないとのこと、でも狩猟期間の終わる2/15を
  境に給餌が止まるとパタッと来なくなるとのことでした。
  やっぱり餌の吸引力が大きいのでしょうね。
4.竹内ヶ原のショベルカーで耕された地面にムクドリ30羽ほど、
  ハシボソガラスなど10羽ほど、ツグミ、ハクセキレイ、と
  たくさん集まっていました。おいしいものがあるのでしょうね。
(スタッフK)

16日夕方にはUFO島でレンジャクsp.1羽がいたそうです。
薄暗くなっておりヒレンジャクかキレンジャクかはわからなかったとの事。

DSCN2296.jpg
掘り返された地面からオケラを捕まえたモズ(9日。撮影スタッフYM)


本日実施した江戸前干潟研究学校(非公開自主調査)では
海水域では主にマハゼのみ。淡水の池の方が採集量が
多かったです。

長靴池ではモクズガニ8匹(ついでにドブネズミ1匹)。
KIMG1438.jpg

水車池ではタモロコが400匹近く。
KIMG1447.jpg
右上の大きな個体(約10㎝)は保護区で今まで見たこと
のないサイズ。
(スタッフN)

posted by スタッフN at 17:26| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする