2020年10月25日

行事報告10/24・25

土日になると天気が崩れていましたが今週は久しぶりに晴天の週末でした。

○ボランティアデー(24日)
20201024_132828.jpg
先月に続き湊池棚田の稲刈り。今回は赤米。
DSCN8118.jpg
DSCN8119.jpg

○夕暮れ観察会(24日)
ウラギク・夕景・蛾の訪花
●木の実、草の実。ススキやアシの穂。黄葉し始めた木々の間から、
 カケス、モズ、ヒヨドリの声が秋の深まりを告げている。
 ジョウビタキも鳴き出した。
 観察路のクロベンケイガニやアメリカザリガニは参加者に大人気。
●ウラギクの群生が見事。藤紫の花が塩性湿地の秋を彩る。
●浄化池が夕焼けを映して美しい。あと少しすればカモの仲間が
 採餌に訪れるだろう。
●暗くなると、セイタカアワダチソウの黄色い花に蛾が集まりだした。
 マエアカスカシノメイガ、ヒメシロノメイガ、ツマジロエダシャクなどなど。
 舌を噛みそうな名だが、みな個性的で美しい。空からは、ゴイサギや
 アオサギの声が降ってきた。
(担当D)


○フィールドミュージアム「ヤゴを探そう」(25日)
房総蜻蛉研究所の互井賢二さんを講師にヤゴ探し。
旧淡水池・長靴池・浄化池でタモ網をふるいました。
DSCN8175.jpg
旧淡水池はヤゴが捕れなかったので長靴池でボサ籠を
引き上げ。
DSCN8187.jpg
長靴池ではコシアキトンボのヤゴがいました。

DSCN8191.jpg
本日のメインは浄化池。
DSCN8224.jpg
DSCN8228.jpg
ギンヤンマ
DSCN8237.jpg
シオカラトンボ
DSCN8203.jpg
イトトンボ(アオモンイトトンボ属)

ちょっと開催時期が遅かったためか捕れたのは
少なめでしたが、それぞれの形態の違いや生息環境
の違いを解説いただきました。

○定例園内観察会(25日)
DSCN8242.jpg
50人近くの参加者となったので3班に分けて実施。
ミサゴやカケス(鳴き声)、キノコ、カマキリ、アケビ
など秋の保護区を楽しんでいただけたと思います。


DSCN8146.jpg
25日午前、トラツグミがいました(撮影スタッフYM)

DSCN8079a.jpg
ガガイモの実。まだ青い。

DSCN8102.jpg
17日に開いていたアケビはだいぶ食べられていました(20日撮影)




ラベル:行事報告
posted by スタッフN at 15:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

保護区鳥情報10/24

2020年10月24日の保護区鳥類調査の結果です。

マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ
キジバト
ハイイロミズナギドリ属sp.
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
ウミネコ
ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ
カワセミ
モズ
カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
ジョウビタキ、キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ
37種

1.冬鳥が増えました、種数は大きく増えて37種を記録しました。
  アオジ(新浄化池、北池)、ジョウビタキ(北池)、ハイタカ(上池)。
  ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ(海上)。マガモ(ドブ池)
  海ガモも、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモの混群(海上)など。
2.カワウは朝方、ほとんどいなかったのですが、11時頃に海方面から
  帰ってきました。4000羽弱。その中にミズナギドリの仲間も一緒に
  保護区に入ってきました。
3.キジバト、枝をくわえて丸浜川沿いの樹林の中へ。巣を造っているのかな。
4.ミサゴ、小島岬の杭の上で魚を食べている様子でした。
(スタッフK)

本日はトビとミサゴが各3個体ずつ出現したようです。
21日には保護区入口付近でエゾビタキが出ていたそうです。
今シーズン初認は
オオバン(17日)、ジョウビタキ(19日)、カンムリカイツブリ(21日)、
ユリカモメ(23日)、ハジロカイツブリ・ホシハジロ(24日)

DSCN7897.jpg
オオバン

DSCN7934.jpg
ミサゴ

DSCN7887.jpg
DSCN7887t.jpg
ユリカモメ。今季初認は青U/Bのカラーリング個体でした。

DSCN7956.jpg
23日、雨の中見られたツクツクボウシ
(スタッフYM)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:56| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

週末行事案内

今週末の予定です。いずれも参加無料・定員10名・雨天中止

○10月24日(土)
・ボランティアデー 13時~15時半頃 管理事務所前集合
 湊池棚田で稲刈りを予定。本日の降雨で足元が濡れたり汚れる可能性大。
 服装にはご注意ください

・夕暮れ観察会 16時~18時 あいねすと前集合
 今月から1月までは通常より30分早い開催となります。

○10月25日(日)
・フィールドミュージアム「ヤゴを探そう」10時~13時半頃
 ※定員につき受付は終了しています※ 管理事務所前集合

・定例園内観察会 13時半~14時半
 普段は入れない保護区の中を案内します。

ラベル:行事予定
posted by スタッフN at 17:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

保護区鳥情報10/18

2020年10月18日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、キンクロハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
クサシギ、イソシギ
ミサゴ、オオタカ、ノスリ
カワセミ
コゲラ
モズ
カケス、オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
セッカ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
27種

1.秋の旅鳥。クサシギ(新浄化池)。キビタキ(保護区入口付近)。
2.猛禽が増えてきました。ミサゴ(少なくとも2羽)、ノスリ、オオタカ。
3.モズ(計8羽)とヒヨドリ(計150羽ほど)が多いです。
4.例年と比べるとカモ類の記録が少ない様子です。
  今日はカルガモと南極島付近にキンクロハジロ3羽のみ。
(スタッフK)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 23:53| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

保護区近況10月中旬

降雨・曇天の多い今月ですが、昨日は久しぶりに青空が
見られました。

DSCN8071.jpg
セイタカアワダチソウの花が最盛期を迎えています。

DSCN8072.jpg
タチバナモドキの実はまだ色づき始めたところ。

DSCN8088.jpg
塩性湿地の秋の花ウラギク。ほのかな青紫色がキレイ。
今月中は十分楽しめるかと。

DSCN8079.jpg
DSCN8082.jpg
DSCN8083.jpg
今年はアケビが豊作のようで直線ルートなどで皮が
落ちています。画像は大回りルートの桜。鈴なりに
実がなっており、まるでアケビの木のよう。
ラベル:植物
posted by スタッフN at 15:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする