2023年01月28日

保護区鳥情報1/28

2023年1月28日の保護区鳥類調査の結果です。


マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
チュウヒ、オオタカ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
アオジ、オオジュリン
35種


1.カワウの巣数は1610個を数え、先週より微増です。火曜(1/24)に雪も降り、
 風強く、翌日にコロニー内で雛が落ちていたことが確認されています。
 コロニー全体ではかなりの被害だったと思われます。
2.今季はツグミが多いです。新浄化池から見渡して確認されたのは70羽ほど、
 47羽の大きな群れも見られました。
3.冬に入ってあまり記録されなかったムクドリですが、このところ増えていて
 数十羽の群で確認されています。
4.海上にカモ類はほとんどいませんが、ドブ池にキンクロハジロ64羽、
 マガモ33羽が集まっていました。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

凍結

全国的な寒波の襲来で保護区周辺では雪こそ降りませんでしたが
昨日今日と各所で凍結が見られました。

朝欠真間三角は全面結氷、丸浜川も観察舎付近では凍っていました。
野鳥病院は屋外の水道が凍結して水が出ず、仮設禽舎の
水皿も厚さ2~3㎝の氷が張っていました。
KIMG2517.jpg
仮設禽舎トビ部屋水皿の氷

KIMG2519.jpg
KIMG2520.jpg
仮設禽舎小鳥部屋の水皿。ほぼ全てが氷でした。

DSCN3205.jpg
保護区内では筒口から跳ねた水が凍って樹氷の
ようになっていました。


ラベル:近況
posted by スタッフN at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

1/22江戸前干潟研究学校

月一の水生生物調査「江戸前干潟研究学校」
冬場は生き物たちの動きは少なく、とれる種類も
数もわずかです。

KIMG2512.jpg
百合ヶ浜沖の大網。マハゼのほかは数匹。

多かったのは淡水池の網カゴ。隠れ場として
集まっているようで夏場とは桁違いの数が
入っていました。

KIMG2505.jpg
長靴池。モツゴが多数。

KIMG2514.jpg
水車池。こちらはタモロコが多い。

来月は19日(日)実施予定。今回同様採集される
生き物は少ないですが、参加希望の方はお問合せ下さい。

ラベル:行事報告 魚類
posted by スタッフN at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2023年01月21日

保護区鳥情報1/21

2023年1月21日の保護区鳥類調査の結果です。


マガモ、カルガモ、コガモ
キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
セグロカモメ
オオタカ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ
アオジ、オオジュリン
31種


1.今日は晴天でしたが北風強く、海上もかなり波が立っていました。
 海上にカモ類少なく、最も多かったキンクロハジロはドブ池に64羽が
 集まっていました。
2.カワウの巣数は1600個ほどと先週より100個ほど増えています。
 そこそこ大きな雛もいくつか見えます。雪の予報がでているので心配です。
3. ミミカイツブリ1羽。(千鳥水門付近海上)
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2023年01月15日

保護区鳥情報1/15

2023年1月15日の保護区鳥類調査の結果です。


マガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ウミアイサ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
バン、オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
トビ、ノスリ
カワセミ
モズ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
セッカ
シロハラ、ツグミ、ツグミ属sp.
ジョウビタキ
スズメ
ハクセキレイ、タヒバリ
アオジ、オオジュリン
36種


1.今日は曇空でしたが気温はそれほど低くなく、巣から顔を出している
 カワウの雛の姿がちらほら見られました。
2.カワウは鴨場との保護区入口から北池へと続く境界林、下池、旧淡水池
 の西側林とかなり集まっており、賑やかです。ざっと数えただけでも400~
 500羽は集まっているようでした。カワウコロニーの方も再び盛り上がって
 いる様子で、巣は先週より500個ほど増え1500個を超えました。
3.タヒバリ6羽(竹内ヶ原)、セッカ(浄化池)
(スタッフK)

DSCN2308.jpg
竹内ヶ原にいたタヒバリ(15日撮影)

14日には丸浜川でカシラダカ、あいねすとからホオジロガモが観察されています。
いずれも保護区では久しぶりの記録。
(スタッフN)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする