2017年10月15日

保護区鳥情報10/14

2017年10月14日の保護区鳥類調査の結果です。

キジ
ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
オオバン
アオアシシギ、イソシギ
セグロカモメ
トビ、チュウヒ、オオタカ
カワセミ
コゲラ
ハヤブサ
モズ
オナガ、ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ、セグロセキレイ
33種

1.スズガモは増加中。235羽。
2.オオタカは3羽に遭遇しました。少なくとも2羽は別個体です。
  1羽はオオバンの羽をむしっているところに遭遇しました。
  (小島岬への外周路とウラギク・カニルートの分岐点付近)
3.猛禽は他にトビ、チュウヒ、ハヤブサがそれぞれ1羽ずつでした。
4.アオアシシギ1羽。
5.ヒヨドリが急に増えて賑やかです。
(スタッフK)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 00:00| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

保護区のトビハゼ紹介ビデオ

10月21・22日に開催される東京湾大感謝祭にて
展示に使用するトビハゼを捕まえるついでに 、
動画でトビハゼや保護区を紹介してもらおうということで
10月2日にYouTuberのさん に撮影していただきました。

その時の動画が 公開されています。感謝祭ではもっと短く
まとめたものが披露される予定。


行徳鳥獣保護区で生物観察!前編
https://www.youtube.com/watch?v=fN_Wc09tfus&feature=youtu.be

行徳鳥獣保護区で生物観察!後編
https://www.youtube.com/watch?v=bo4G56z6P-E
posted by スタッフN at 17:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

保護区鳥情報10/9

2017年10月9日の保護区鳥類調査の結果です。

キジ
ヒドリガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
カイツブリ、カンムリカイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ
バン、オオバン
イソシギ
セグロカモメ
ミサゴ、トビ
カワセミ
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
センダイムシクイ
メジロ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ドバト
32種

1.スズガモ176羽と急増です。他にもキンクロハジロ、ホシハジロ、
  オナガガモ、ハシビロガモ、コガモ、ヒドリガモとカモ類が
  増えています。
2.保護区入り口はカメラマンさん達でにぎわっています。カメラマンの
  写真からセンダイムシクイだと思います。他にもキビタキ♂1羽でした。
3.ミサゴ、魚をつかんで小島岬付近を通過。トビ、北池上空。
(スタッフK)
6日にヨシガモ、7日にカンムリカイツブリ、8日はチュウヒが
今期初認です。本日午後の観察会ではノスリが飛んでいました。
丸浜川下流部(行徳高校近辺)ではヒクイナが最近見られている
ようです。
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 20:29| Comment(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

フィールドミュージアム「カニの巣穴を見てみよう」

本日のフィールドミュージアムは晴天の中、石膏を使った
カニの巣穴観察を行いました。
DSCN7451.jpg
クロベンケイガニの巣穴に石膏を流してみる

DSCN7462.jpg
干潟でコメツキガニの巣穴を観察

DSCN7465.jpg
牛乳パック利用の型枠を置き石膏を流し込みました

DSCN7475.jpg
固まったら慎重に掘り返し

DSCN7480.jpg
持帰って砂や土を洗い流したところ

DSCN7486.jpg
途中で折れてしまいましたが大き目のものもとれました。

DSCN7489.jpg
講師の桝本さんが持って来た大き目の標本を見る一同

最初に石膏を流したクロベンケイガニの巣穴は
1Lくらい流したのですが表面までは届かず、
50㎝ほど掘り返しても先が見えず断念。結構深く
掘り進んでいるようです。

DSCN7482.jpg
本日一番きれいにとれたのはタヌキの足跡

寒くなり生き物が少なくなるのと野外講座は厳しくなってくるので
今年度のフィールドミュージアムは今回で終了(12月に特別編が
出来るかも?)。来年度またよろしければお願いいたします。
テーマのリクエストもあればお寄せください。

ラベル:行事情報
posted by スタッフN at 15:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ヨシによじ登る

普段は地面で暮らしているクロベンケイガニですが、
雨の日や降雨後などにはヨシやセイタカアワダチソウ
の茎を登っている姿が観察されます。
 植物の葉を食べに上がっているようですが、目線の
高さでカニを見るのはちょっと不思議な感覚です。

DSCN7406 (640x480).jpg
DSCN7404 (640x480).jpg
器用にしがみついています。

DSCN7397 (640x480).jpg
ベンケイガニも。

DSCN7436 (640x480).jpg
本日はスズガモとキンクロハジロの群れが見られました。
100羽くらいいたでしょうか。

DSCN7416 (640x480).jpg
鈴なりのアケビ。こんなに大量についているのははじめてです。

明日8日(日)は10時からフィールドミュージアム「カニの巣穴の形」
石膏を使ってカニの巣穴観察をします(参加費50円)。同じく10時に
東西線行徳駅改札口前広場集合で野鳥の会の探鳥会(参加費200円)、
13時半から定例園内観察会(参加無料)が開催されます。
どうぞご参加ください。
草露とぬかるみがまだ残っているので長靴推奨です。
posted by スタッフN at 15:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする