2022年05月19日

アサギマダラ

本日丸浜川沿いで旅する蝶、アサギマダラが居たそうです。
DSC07060.jpg
(撮影・提供:Fさん)

トベラとイボタの花を級蜜していたとのこと。
今シーズン初記録。

ラベル:昆虫
posted by スタッフN at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

保護区鳥情報5/15

2022年5月15日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
チュウシャクシギ、イソシギ
トビ
カワセミ
ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
21種

1.カワウの若鳥がカワウコロニーの岸壁、上北岬、下北岬、千鳥水門と
 溢れかえっています。8500羽を越えました。空いている巣が目立ちます。
 巣数は先週より300個ほど減って1350巣ほど。
2.オオヨシキリ♂2羽が、湊池で追いかけっこ。他に旧淡水池、北池でも囀っていました。
3.キビタキは2羽が囀っていました。保護区入口近くと笹トンネルあたり。
(スタッフK)

DSCN5862.jpg
貝に脚を挟まれたチュウシャクシギ(14日)

DSCN5920.jpg
浄化池でカルガモ親子(ヒナ14羽)(15日午後)

DSCN6001.jpg
千鳥水門近くの岩場にキョウジョシギ13羽(15日夕方)
(スタッフYM)


ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

カルガモ親子

DSCN5808.jpg
今年も丸浜川でカルガモ親子が見られています。
今シーズンのヒナ初認は5月9日。画像と動画は
5月11日に撮影したもの。
本日もヒナ連れがいたそうですが、もしかすると
この11羽とは別の親子がいるかも。
[2022年5月12日18時追記]
DSCN2494.jpg
DSCN2488.jpg
夕方2組を確認。新たな親子はなんとヒナ17羽連れ。

丸浜川通路沿いの巣箱ではシジュウカラが営巣中。
巣箱内からヒナの声も聞こえだしました。
IMG_5554.jpg
巣箱から顔を出すシジュウカラ親鳥(5月4日)

どちらも無事成長していくと良いですね。
見守ってあげてください。

ラベル:鳥情報 動画
posted by スタッフN at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2022年05月09日

長靴を頂きました

DSCN2473.jpg
キンレイ大阪工場さまより長靴を寄贈いただきました。
スタッフ作業用や観察会等貸出用に使用させていただきます。
ありがとうございました。

ラベル:近況
posted by スタッフN at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

保護区鳥情報5/8

2022年5月8日の保護区鳥類調査の結果です。

カルガモ、スズガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ、ダイサギ
オオバン
チュウシャクシギ、イソシギ
カワセミ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
スズメ
カワラヒワ
ドバト
22種

1.カワウの巣数は1650巣ほど。先週より200巣以上減りました。
 例年ですと8月の初めに営巣が終了するので、営巣期間を約10週間
 とすると、そろそろ新しく巣を作る個体はいなくなる頃です。
 雛が3、4羽いる巣も目立ちます。成鳥は少な目に見えたのですが、
 合計6500羽を越えました。
2.冬鳥がほとんど記録されませんでした。先週まで記録されていた
 アオジ、オオジュリンやカンムリカイツブリなど。冬ガモもスズガモ
 1羽のみでした。
3.旅鳥チュウシャクシギ、3羽。
(スタッフK)

3日、田の字池観察壁脇のエノキにコムクドリがいました
DSCN4873.jpg
(スタッフYM)
ラベル:鳥情報
posted by スタッフN at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥情報 | 更新情報をチェックする